ソロキャンプツーリング ~焚火酒

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 
タグ:ストームクッカー の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

Sponsored Link

プリムス ウルトラスパイダーストーブ

大変ご無沙汰しております(汗)

ようやく少し落ち着いて来ましたのでボチボチ投稿再開と行きますよ~!


慌ただしい合間に小規模経済活動の輪廻から逃れる事も難しく・・・

気がついたらついついポチポチっと・・・(汗)



もう買うものは無いと自分に言い聞かせてるだけに余計、、、

新たな発見に大きな喜びを感じてしまうのか・・・・。



DPP_0004.jpg

PRIMUS ウルトラスパイダーストーブ

今までてっきり船来品だとばかり思っていましたが、安心安全のMade in Japanです!


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。

ストームクッカー最適化計画 派生1 ガスバーナー最適化案

ストームクッカーネタが長々と続いておりますw

えぇ、今回もです!w

さて、数日前からぼちぼちTwitterでつぶやいて居たのですが
トランギア ガスバーナーのオートイグナイター化計画。



>> トランギア純正ガスバーナーの代わりにEpigasのAPSA-III(当然バラす事になる)がストームクッカーに入らんか思案中。 手元イグナイターはやっぱり便利だよね~。 もし入ったとしても結構嵩張りそう。 取り寄せて試してみるしかないか?!
ツイッターからの引用


Epigas APSA-IIIとはこんなストーブです。

バーナーヘッドの画像を見るかぎり非常に似ていますな。

しかしAPSA-3を取り寄せて仮にうまく嵌りそうだったとしても
ストームクッカーに固定する方法は?
トランギアガスバーナーの板バネ流用?

色々未知数。重量増などのデメリットも出てくるし。。
そこで、お取り寄せをやらかしてしまう前に
トランギアガスバーナーにイグナイターを付けてみることなども見据えて
まずはバラして構造を知っておくことに。。


DPP_g0452.jpg


なんでこのまま使うことに満足できないんでしょうかね^^;

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



ストームクッカー最適化計画 その4 ガスバーナーのカセットガス化

ストームクッカーを私的に最適化する計画 
とうとう?しつこく?第4弾まで来てしまいました。

ん~ ファーストインプレッションでデカイと文句を言っていたのも何処にいったのか
すっかりストームクッカーにハマっている自分がいますw


関連記事はこちら。

ストームクッカー最適化計画 Esbit グリッパー
ストームクッカー最適化計画 その2 フタですが何か?w
ストームクッカー最適化計画 その3 トランギア ガスバーナー
ストームクッカー最適化計画 その4 ガスバーナーのカセットガス化
ストームクッカー最適化計画 派生1 ガスバーナー最適化案



今回はトランギア ガスバーナーの燃費を向上するための道具です。
ようはALVAでカセットガス化するわけですがカセットガスを用いて燃費を節約する方法は
主に二通りあって
まずT型ボンベにカセットガスを詰め替えて用いる方法、
そしてもう一つはT型ボンベを燃料に使うバーナーへ直接カセットガスボンベを接続する方法。

前者の詰め替えはダルマ型であるT型ボンベの設置安定性を利用することを前提に作られている
小型のガスバーナーやガスランタン向け。

製品自体にスタンドが付いているようなタイプで安定性をカートリッジに依存していない
器具の場合はいちいち詰め替えなくてもダイレクトに接続できる方が手間いらずですね。

そこでトランギア ガスバーナー用にはTKアダプタを取り寄せてみました。


しかしこのあたりも突き詰めると結構悩ましい部分がありますね。
カセットガスをダイレクトに使えたほうが確かに手間いらずな部分はあるんですが
パッキングや狭いソロテーブル上で使うにであれば圧倒的にT型ボンベのほうが使い勝手が良い。

えぇ、後々の送料考えたらTKアダプタと一緒に詰め替え君Nタイプを取り寄せるのは致し方ないことでしょう^^;


DPP_g0455.jpg

DPP_g0456.jpg

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



2012初キャンプで超軽量薪ストーブのシェイクダウン in ふもとっぱら 1/8

1月8~9日 ふもとっぱらキャンプ場

本当は夜勤明けの土日に軽く近場でと予定していた週末のひととき。
昨年の月蝕キャンプで圏央道を使った富士山周辺へのアクセスの良さを思い出し
2012初キャンプはせっかくだし富士を望むキャンプにしょうと
余裕を持って日程を一日ずらし仕事明けの疲れを取ってから行って参りました!


DPP_g0466.jpg

山間部の凍結が怖い今の時期はあくまでキャンプメインの『キャンプツーリング』にこだわってみます。

とうことで道程の写真は一切なしでいきなり設営完了ですが何か?w

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



ストームクッカー最適化計画 その3 トランギア ガスバーナー

キャンプ中にパチパチと細かく写真撮ってもいられないので
最近の詳細レポ写真はもっぱら自宅撮影ですな・・・(;´∀`)

ふーん、本当は無理してでも現場で撮っておいたほうが見ている人にはより伝わりそうだし
今年はもうちょっと考えるようにしようかなぁ。

さてさて、すでに第三弾となってしまいましたが
ストームクッカーを自分仕様に最適化する計画はまだまだ続行中です。

ストームクッカー最適化計画 Esbit グリッパー
ストームクッカー最適化計画 その2 フタですが何か?w



DPP_g0449.jpg

しばらくストームクッカーをアルコールで運用していましたが
調理もそこそこやる私の使い方だと一晩でも結構な量のアルコールを消費してしまう。。。
一晩炊飯、鍋調理、湯沸し2~3回で約300cc行きました^^;

アルコールボトルの荷物量とアルコールの単価を考えていたら
必然的にストームクッカーのガス化を考えるようになったわけです。




良い感じに焼け色が付いてきたトランギア ガスバーナー。

寸法(バーナー部分):約85φ×75(mm)
本体重量: 約180g

火力調整弁が器具本体直近にないと通らないと言われる日本のガス検のためか
日本では通常の流通はしていないバーナーなので
使用に関しては自己責任ということで。

(よく言う自己責任ですがこういう未承認機器を利用して事故を起こしてしまうと
より規制がうるさくなる可能性が拭いきれませんので
自己責任を超えてより慎重に扱う必要があるかもしれませんね。)



続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。




ストームクッカー最適化計画 その2 フタですが何か?w

元々、購入前から気になって仕方なかったストームクッカー。

やはり手にしてみると少々のデカさなんて思わず目をつぶってしまう

不思議な魅力をお持ちになっておりますね。。。


DPP_g0433.jpg

ストームクッカーに足りないもの。

それはお鍋の蓋。


小物といえば、100均。そこでちょうどいいのを見つけてきましたよ^^

18cm.16cm用ということでストームクッカーLの両方の鍋にジャストサイズでございます。

一般的な鍋ふたといえば潰れた半円状のドーム形状の物が多いですが
これのポイントは平べったい形状であること。


ステンレス 雪平鍋用フタ

ステンレス 雪平鍋用フタ
価格:105円(税込、送料別)



楽天で売ってるぐらいの物なんで大手100均だったらたぶん何処でもあるんじゃないっすかね?

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



ストームクッカー最適化計画 Esbit グリッパー

ファーストインプレッションでは思ったよりデカイとか言いつつ
結構気に入って使っているtrangia ストームクッカー。

DPP_g0333.jpg

もちろん買ったままの状態でも十分使えるんですが
収納状態や使っている時に不用意な傷付きを防ぐための対策を施してみました。


まずはエスビット グリッパー

DPP_g0387.jpg

取っ手が無いストームクッカーの鍋とフライパンは専用のアルミハンドルで掴むことができますが
鍋との接点がアルミ剥き出しのため傷つきやすいみたい。
まったく同じ用途なんですがエスビットのグリッパーは接点保護のゴムが付いているんですよね。
(ゴムが取れることを想定してあるのか予備が2個同梱されています。)


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。

栃木紅葉ツーリングキャンプ

時間が足りなくて先に画像とマップをアップしました(汗)

10月25日~26日 ド平日ですが一泊ツーリング行って参りましたよ!
我家の場合、やはり土日に出るより平日出動のほうが抵抗感なく出られるようですなぁ・・・。


DPP_g0339.jpg

上の画像は日塩もみじラインでのひとコマです。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。

ストームクッカーLが来たので手持ちのクッカーと比較してみた。

憧れの?! ストームクッカーが届きましたので
バイクでのパッキングを視野に入れたキャンプ用クッカーの仕舞寸法比較をしました。

通常、クッカーの類はバッグ・パニア・箱など積載手段の中では平置きとなる機会が多いと思いますが
その場合にはなるべく小さいもの、特に直径が短い物の方が
他の荷物とのパッキングの兼ね合いの都合上扱いやすいですね。

DPP_g0263.jpg

左からツアラープラス焚火缶Lセット(焚火缶Lの中にトランギアのケトル0.6とスクエアコッヘル3が入ってます。)
そしてストームクッカーL

それぞれツアラープラスはタンデムキャンプツーリング用。

焚火缶セットは現在私のメイン装備で+焚き火台、鍋を吊り下げるトライポッドとあわせて
直火調理から炊飯、湯沸しまで対応できる万能調理セットです。
秋~春の焚火のあるキャンプではこのセットを使っています。
えぇ、これのおかげでダッチオーブンの出番がほとんど無くなりました^^;

ツーリングメインのツーリングキャンプの時は
焚火缶から普通にスクエアコッヘルのみを取り出し持参します。

そんな隙の無いラインナップの中、ストームクッカーの使い道は・・・


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。

トランギア ストームクッカーL(25-6UL)

本当はストームクッカーの鍋セットとしての比較を
ツアラープラスと現在メインで使っている焚火缶セットとの比較として1記事にして載せるつもりでしたが
撮ってある画像が結構多いのでとりあえずストームクッカー単体の紹介記事を上げときます。

さんざん既出なのでサラっと行きますよ!

DPP_g0248.jpg

DPP_g0249.jpg

クッカーを載せているテーブル比で考えるとデカさが伝わりますかね^^;

ストームクッカーS(27シリーズ)のソースパンが1リッターサイズということで
(スクエアコッヘルの小鍋がだいたい同じサイズですな)
それではどう考えても私の用途では小さすぎるということでLを選択しましたが
鍋についてはこれで納得も
セットとしてそれを覆う本体風防は当然鍋のオーバサイズとなり
結果的に収納径が約22センチメートルと大きくなってしまってます。

この収納直径はファミキャン御用達のユニフレームFUN5DXとほとんど変わらない径ですな。。

DPP_g0250.jpg


とっかかりにくくなってしまったようですが

道具としての魅力はやはり大きいです・・・。

デカイと言いつつ次の思考回路は如何に持っていくかと考えていますし(笑)

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


ブログランキングを見て応援!!

一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!



最新エントリー
最近のコメント
ブログキーワード
Sponsored Link
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパックXL
ロゴス ハイパークーラー
ストライクフォース ファイアースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンタ
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー