ソロキャンプツーリング ~焚火酒

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 
タグ:アルミコンパクトテーブル の記事一覧

| |

Sponsored Link

ツーリングテーブル 考察

湯沸し程度しか調理しないツーリングキャンプに椅子は必要無くとも
マグやクッカーを置く程度のフラットなスペースを得るためにもコンパクト系テーブルは必須装備ですな。

そんなストイックなツーリングキャンプ用のコンパクトなテーブルから
調理などを楽しむキャンプ主体のキャンプツーリング用のちょっと大きめのテーブルなど
私もいくつか所有しておりますが、それらは状況に合わせて選び持ちだしています。



DPP_f0513.jpg

なんだかんだで一番出動率の高い永遠の定番? 
キャプテンスタッグ アルミロールテーブル(コンパクト)
なんで一番出番が多いか・・・ 仕舞いの小ささと重さ、使用サイズ、そして組み立ての手間。
それらのバランスが一番優れていると実感しているからに他なりません。
椅子を持たない前室クッキングツーリングの時からフル積載キャンプの時まで多用しております。



DPP_f0745.jpg

ホリデーロード ツーリングテーブルVHS-AL
収納サイズがテーブルになるとは思えない程の隙間サイズなので
前室クッキングで椅子を持たないツーリングキャンプ時に使っていますが
他のと比べると組み立てにちょっと手間がかかるのがデメリットですかね。

出発前のパッキングの際、VHSか上の鹿番長テーブルかで毎回悩みますが
他の荷物との折り合いでVHSにすれば縮めモードのパニアで出撃できそうな時など以外は
やはり鹿番長を選びますね、楽だし^^;


DPP_g0092.jpg

笑's 焚き火調理台450
2.3kgと結構重たいんですがかなり薄くなるのでバイクにも積みやすいテーブルでした。
(いつの間にかに廃盤になってしまったので過去形で・・・。)
画像では前室で使っていますが調理に凝るキャンプツーリングの時にも出番の多いテーブルです。

私的には収納長辺が40cm以下だったらパニアに入りそうなのに・・・と惜しむ部分もありますね。

DPP_g0358.jpg
小川キャンパル アルミコンパクトテーブル
鹿番長テーブルを購入する前までは主力テーブルでしたが最近めっきり出番が減ってしまいました。
今ではカーミットを積んだ時に一緒に持ち出す程度の使用頻度です。

個々の道具で考えるとホントに大した手間じゃないはずなんですが
キャンプ中の滞在時間を一括りで考え、更にそれを繰り返していくと気になってしまう。。

設営撤収の手間がかかるものには
その分、仕舞寸法への寄与や
使用時の大きさ、使い勝手(仕舞いと使用時の大きさのギャップ)などを求めたいですが
このテーブルに掛かる手間は仕舞寸法と高さへの寄与はあっても
肝心の天板面積へのメリットが乏しく感じてしまうんですよね。
人間一度楽なものを知ってしまうとダメですなぁ^^;

鹿番長テーブルなどで天板が手狭になってきたら迷うこと無くベタ置きに行くんですが
小川のテーブルは高さがあることでベタ置きもちょっとやりにくく
天板面積とも相まって調理向きではないといった印象です。

チェアサイドに酒とツマミを置き投げ出した足を組んでまったり過ごすには非常に良いテーブルです。
私的には景色の良いキャンプ場でこの目的のために持参する事に意義を感じ
なんだかんだで手放さずに愛用しているテーブルだったりします(笑)

さて、今回の記事は・・・

上に上げているテーブルですが焚き火調理台以外は
積載の都合上仕方が無いとはいえ調理主体のキャンプでは天板面積が不足気味。

そこで仕舞いの大きさには多少目をつぶって
一回り大きな天板を手間をかけずに展開できそうなテーブルを探してみました。


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。

久々キャンツー 内山牧場

夜勤明けの土曜日。

久しぶりにバイクにテントを積む。

出発が遅くなったし今日の目的は焚き火をする事、それだけです。




昼間は残暑が厳しい週末でした。
急ぐ必要もないので下道でゆっくり行くつもりだったけど
あまりの暑さで高速に逃げ込む。

いつもの通りにETCレーンへ
ふと右に見える電光掲示板に何やら見慣れない文字が。


それは「カード有効期限切れ」の表示(--;)


事前に機器の状態をアナウンスする車の至れり尽くせりのETC連動ナビと違って

バイクの車載器のインジケーター表示はそこまで対応してないのでした。。



落ち着いてゲート中央を抜けてからバイクを端に寄せ停車すると
すぐ係の人が券を駆け寄って持ってきてくれました。


すんません。。(汗)



富岡インターで高速を降り最寄りのスーパーで買い出し。



気を取り直して一路、内山牧場へ向かいます。





DPP_g0206.jpg


峠に入った時から空気が変わり

内山牧場は涼しい風が吹き抜けておりました。


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



こもれび六斗の森 バイクキャンプ

11月20~21日
前日までは月~火の予定でいたバイクでキャンプですが
カミサマより月曜は雨だから今日行ってきたら?ということで
遠慮無く有効利用、急遽土日での幕営となりました。

土曜午前10時過ぎころ自宅に帰宅。
今宵のオツマミの一品を自宅で仕込み
バッグとパニアに道具を適当に突っ込んでパッキング完了。
余裕のある防水ダッフルバッグでのパッキングは私のように荷量が多い場合でも非常に楽なのであります。

誰か来ていることをちょっぴり期待して二人分+αのもつ鍋と酒とその他の食材を手慣れた地元で調達
食品の鮮度をあまり気にしなくて良い冬場の『バイクキャンプ』は
買出しから始まりすべての面でお気楽癒し系キャンプなのであります(笑)



手前のアーディンのKTMアドベンチャーの方にご挨拶、色々駄べりながらも
いきなりですが2時前には設営完了!!
ウチから1時間とちょっと。 ナビもいらない通い慣れた場所なもので(笑)

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


ホリデーロード ツーリングテーブルVHS‐AL(アルミ天板バージョン)

キャンプツーリングでのテーブルに関して
今までコストパフォーマンスや使い勝手、バイクへの積載、用途などを総合的に考えると
既製品の中では一緒に持ち込む椅子の高さに合わせた2択のみだと考えておりました。

選択肢の一つは超定番商品である
ジベタリアンからフィールドローチェアー(座面高約20cm)位までの高さにあった
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブル(コンパクト)
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブル(コンパクト)

サイドのキャップが無くなったり
スレ傷が目立ったりしますが
無くなろうが傷が付こうが野外で使うものだしまぁいいかと
気軽に割り切ることができる価格帯
圧倒的楽に展開収納できる利便性はこれ随一ですね。
キャプスタだからって敬遠する方もいるかもしれませんが
このあたりは多くの人が使ってる道具なので全くもって無問題です。

もうひとつは座面高30cm↑位の椅子を持ち込む場合
上のローテーブルでは低すぎるため高さのあるテーブルが必要・・・。
となると使用時の高さがありつつ無理なくバイクに積めるとなると

ラフ&ロード:ROUGH&ROAD/アルミコンパクトテーブル

ラフ&ロード:ROUGH&ROAD/アルミコンパクトテーブル

このあたりが無難ですよね。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。




パッキングの見直しついでに

今週末は天気が保てばお花見キャンプと行きたいところです。

さて、でかいテントにするために他の荷物を絞るという
一見無駄な事をしようとしているわけですが
今までの装備で得られていた快適性を
なるべく落としたくないからハードルが高くなってしまいます。

でも逆に考えて、入れ替えた装備+現状のテントなら
よりスマートな積載で身軽に出かけられるんじゃないかと
ということで道具の入れ替えは無駄ではないというわけで(笑)

以前紹介したとおりR1200GSへの積載手段は
クラウザーk5 トップケース 純正パニアケース左右+防水バッグの組み合わせです。
http://1200gs.blog90.fc2.com/blog-entry-548.html
左パニア以外は3か所とも同じような量の荷物を詰め込むことができています。

本来、積載負担 ÷ 展開スペースと考えると非常に効率の良いのが参天ですが
積載負担が減ることで新たな道具を積むスペースが出来てしまう。
それゆえにコットなどの快適キャンプ道具を持ち込んでしまいたくなります。

書き直してみました。
続きは↓の続きを読むからどうぞ

R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です



内山牧場キャンプツーリング

6月14~15日
長野と群馬の県境にある佐久高原 内山牧場キャンプ場に行ってきました。
お目当ては高原の景観、星空の下のサイト撮影でしたが・・・。

IMG_0783.jpg

いきなり到着ですいません。
夜勤明けだったので寄り道する余裕もなく
花園から関越に乗り一気に目的地まで移動です。
このキャンプ場の近辺ではこんにゃくとネギくらいしか手に入れにくいので
東京方面から来る場合、関越は富岡で降りて予め富岡市内で買出ししておくことをお勧めします。
同じく北から回ってくる場合は軽井沢、西から来る場合は佐久市内ですね。
受付は写真の山荘あらふね、もしくはこの建物の下にある売店でも受け付けしていました。

IMG_0792.jpg

キャンプサイトへは下の売店から下ったところから入ります。
矢印の先から砂利道です。

IMG_0795.jpg

油断してるとコケるかもしれませんがオンロードバイクでも特に問題ない砂利道です。

IMG_0798.jpg

サイトへの途中にある水場とコインシャワー併設のトイレ。
必要十分な設備ですね。

IMG_0767-2.jpg

私のPCの新しい背景に使っている画像そのままなのでこの画像のみ拡大表示できます(笑)

IMG_0830.jpg

これ、薪です^^;
元牧場ということで地面がかなりフカフカ。
薪を購入前までは恐る恐るセンスタで停めてました。

IMG_0784.jpg

ちゃちゃっと設営を済まし
夕方までやっているという山荘にあるお風呂(350円でした)へ。
お風呂は別にもここから30分ほど走ったところに荒船の湯という温泉がありますが
正直、設営後はそこまで走るのがめんどくさいので内風呂が営業してて助かりましたね。
入浴後、施設内にて薪(400円)購入。

IMG_0829.jpg

なんだか自炊する気にならずおつまみは簡単に。
夜を待ちます。

IMG_0832.jpg

今回は初めてウルトラライトコットを使いましたが
使う前は頼りなさを感じていましたが私の体重ならなんの心配もなく使えました。
購入にはだいぶ躊躇しましたがパニアに入っちゃうベット、かなり使い勝手がいいですよ~!
それと今回もモスキートネットを持参しましたが標高が1200mm程度あるからか
滞在中にあの不快なプ~~~~~~ンって音を聞くことは一度もありませんでした。

IMG_0842.jpg

夜になると大気が不安定になったのか薄い雲がかかってしまいました・・・。
夜勤明けながらも結構遅くまで粘ったんですけどね~。
残念ながら星空撮影は次回に持ち越しと相成りました。

IMG_0845.jpg

明けて翌日。
朝からすごい霧だったので早々に乾燥撤収は諦めモード。
昨晩の残り物で朝食を摂りつつ9時にはキャンプ場をあとにしました。

星空撮影のためにカメラの設定を勉強してから行ったんですけど、雲に遮られ今回は残念!

ブログを始めてからというもの、
ツーリングごとにそのツーリングを象徴する写真!
というものを撮っておこうと心に決めていますが
今回は夜に期待しすぎておろそかになってしまいました^^;
リベンジは必ず!近いうちに・・・・!

今回の忘れ物
ヘッドライトの電池、食器用スポンジ


記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

左パニアのパッキング変更

ウルトラライトコット持参用に左パニアのパッキングを考え直してみました。
参考までに以前は → http://1200gs.blog90.fc2.com/blog-entry-274.html

IMG_0599.jpg

ネイチャーストーブを除き、代わりにウルトラライトコットを。

IMG_0600.jpg

マフラー逃げの隙間に参天(マウンテンハードウェア kiva)を押し込み
ブレッドシュナイダー モスキートネットと小川のステイシー用マルチシートを。

IMG_0601.jpg

小川のアルミコンパクトテーブルとウルトラライトコットを重ねて・・・。

IMG_0602.jpg

隙間にキャンパーズコレクションの折りたたみ椅子と
小川キャンパルのペグハンマーを詰め込んで最後にkivaのポール。

上手い具合に収まるもので
右パニアをうまく使えば本当に参天タンデムキャンプも可能に思えてきます。
でもトレックライズならもっと楽々でパッキング可能なのは言うまでもないですけどね^^;

IMG_0604.jpg

柔らかい地面用にABSのペグを用意してみました。
ジュラルミンペグと比べると体積の分、地中で抵抗が増すわけですが
その抵抗に本体強度が負けるらしく抜くときにボキボキと良く折れるんですよねぇ(汗)
折れたら掘り起こさないとなりませんので取扱いにはちょっと注意が必要ですね。

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

R1200GSでのパッキング・積載方法の紹介 兼 道具インプレ目次ページ

最近のキャンプツーリングに出かけるときのパッキング・積載方法です。
気温や人数などの条件に応じて若干内容が変わりますが
基本的には以下の装備でキャンプツーリングに出かけています。

このページは追々、各アイテムのインプレ&紹介記事を書いた後
アイテム名にリンクを張り目次ページとしても活用する予定です。


2007_1004blog0006.jpg

現在、私がR1200GSでキャンプツーリングに出かけるときは物置部屋から
左右パニアとボイジャーコットのみを持ち出して出かけられるようになっています。

キャンプを始めた当初、
ファミリーキャンプ用とソロツーリング用の道具が重なっていたときは
ファミリーキャンプ用の道具箱からアイテムを引っ張り出し
まとめてからパッキングと手間がかかりちょっと面倒だったのですが
最近はソロキャンプ用の道具とファミリーキャンプ用の道具が完全に分かれるようになったため
バイクキャンプ用のアイテムはほとんどパニアに詰めっぱなしです。
キャンプツーに出かけるときは寝袋と調味料を用意する程度で非常に楽に積み込みができます。

2007_1004blog0002.jpg

マフラーの逃げがあるため容量の少ない左パニアのパッキングです。
主にキャンプ地に着いて最初に展開するテントやイスなど大物道具類が収納されています。

2007_1004blog0003.jpg

上段左から
小川キャンパル ペグ用 スチールハンマー
小川キャンパル ステイシー用 マルチシート
マウンテンハードウェア kiva と ポール インプレ1  インプレ2
ブレッドシュナイダー モスキートネット
ユニフレーム ネイチャーストーブL と 専用焼き網
キャンパーズコレクション 折りたたみイス
小川キャンパル アルミコンパクトテーブル  インプレ1

パッセンジャーシート上 ボイジャーコット インプレ1

2007_1004blog0004.jpg

GSでは大きい方、右パニアのパッキングです。
主にテント設営後、テント内で展開する道具がまとめてあります。

2007_1004blog0005.jpg

上段左から
ソニー 短波ラジオケース
アルティアック スキンマット
モンベル U.L.スーパーストレッチ ダウンハガー#3
調味料入れ
調理器具入れ 1

下段
ユニフレーム ツアラープラス
モンベル ウォームアップシーツ
カセットガスボンベ
調理器具入れ 2

これだけ入れても若干余裕があり空いているスペースには
寒い時期ではホワイトガソリンストーブ、
普段だとキッチンペーパーを一巻き詰め込んでいます。

2007_1004blog0001.jpg

GSに載せるとこんな感じです。
トップケースには温泉用具、合羽、ディスクロックなどすぐに取り出したい物のみを入れ
買出し用のスペースを空けています。

ボイジャーコットがこの位置で括り付けるのが少々面倒&雨だと濡れてしまっているので
将来的にはトップケースに収めることの出来るローライズコットにステップアップしたいと思っています。
積載物はバイクキャンプとしてはかなりの量があると思いますが
車体へは5分もかからず取り付け積載可能になっています。

番外編
コールマン エクスポーネント フェザーランタン インプレ1


記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!


キャンプ道具インプレ ~小川アルミコンパクトテーブル

当ブログ画像にて何度か登場していますが改めて紹介します。
私が現在キャンプツーリングで愛用しているテーブルは
小川キャンパル アルミコンパクトテーブルです。
2007_0530blog0002.jpg

アルミなので熱いものを置いても問題なし。

このテーブルに替える以前はホームセンターで購入した
キャンパーズコレクション フォールディングテーブルと言う物を使っていました。
(だいぶ以前に購入したのでリンク先の物とはモデルが違うかもしれません)
こういうタイプのテーブルはバイクに積む際に
一番下に積むと積込面が平らになるので、しっかり固定すると簡易的な荷台として使えたりもします。

テーブル面積が大きく網棚も便利でしたが、
やはりバイク(前愛車)に乗せるには重かったのと、
分離式コンロを使うと天板が焼けてしまい買い換えることにしました。

スノーピーク ソロテーブルとも迷いましたが
テントの前室で地べたに座って使える方にはいいのですが、腰痛持ちには地べた座り&低いテーブルはつらいので
イスが使える位ある程度の高さがあり、それでいてコンパクトになるものを探して辿り着いたテーブルです。

2007_0530blog0004.jpg

2007_0530blog0003.jpg


組み立てがちょっと手間ですがこれだけコンパクトになるのですから仕方ありません。
偶然R1200GSの純正パニアの横幅にぴったり入ったり、
これからも重宝しそうなお気に入りテーブルです。

2007_1004blog0002.jpg





人気ブログを見る→  【バイクブログ】  【FC2】  【ランキング】

長瀞キャンプ ~キャンプレポ編

4時過ぎとキャンプ場着が少し遅くなったので
明るいうちに設営と薪拾いを済ますべく、買出しは後に回してキャンプ場に入りました。
2007_0523blog0011.jpg

長瀞オートキャンプ場
ツーリングマップルの表示など通常では1泊1500円ですが
いつも1000円にまけて貰ってます・・。
今回もお世話になります!

ハイシーズン時などに区画が仕切られる事もあるようですが
基本的に乗り入れ可能のフリーサイトです。
今日は平日と言うこともあり、ほぼ貸しきり状態です。

買出しもスーパーが近いところにあるので便利ですねぇ。
2007_0523blog0026.jpg

今日の寝床です。
コット+セルフインフレーター式マットの寝心地は最高!
個別のキャンプ道具のインプレはネタに困ったときに追々やっていこうかと・・(笑)
2007_0523blog0029.jpg


2007_0523blog0018.jpg

今日のメインはキムチ鍋です。
鍋物は簡単レシピなのに一つの鍋(これ重要)で、肉と野菜と汁物が一片に摂れるのでバイクでのキャンプには最適ですね。
ツアラープラスの大鍋なら3人分くらいは一度に賄えそうです。

見た目はアレですが味はいいですよ~。
まぁいつもの事ながら作りすぎましたが・・・。

ツアラープラスの大鍋は、本来ご飯を美味しく炊くための鍋なんですが
ソロだと飯炊きは面倒なのでやりません(汗)
酒が入るのでオニギリ二個も買っておけば充分ですから・・。

夜勤明けで少々疲れ気味だったので9時ぐらいには焚き火も忘れて早々に就寝。
マットの上にそのまま寝てたので夜中に一度肌寒くて目が覚めました^^;
シュラフだと暑そうだったのでモンベル、ウォームアップシーツを引っ張り出して
もぐり込んでまた就寝しました。

2007_0523blog0022.jpg

二日目も快晴!

2007_0523blog0023.jpg

キャンプのときの飲酒と同じぐらい楽しみな朝のドリップコーヒー。
昨晩の残りと買っておいたパンで適当に朝食を。
あんまり手間がかかることはしません(笑)

毎回のことですがテントの内側が結露で濡れていますので
乾燥を待って9時過ぎぐらいに撤収開始、9時半にはキャンプ場を後にしました。
今回もご馳走様でした!

人気ブログを見る→  【バイクブログ】  【FC2】  【ランキング】

ブログランキングを見て応援!!

一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!



最新エントリー
最近のコメント
Sponsored Link
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
シェルターハーフテント
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
SOTO フィールドホッパー
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
オプティマス スベア 123R
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
チタン キャンティーン
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
自作テッパン
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー
スノーピーク Myプレート

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
スノーピーク ノクターン
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパック
ロゴス ハイパークーラー
サーモス ソフトクーラー
ストライクフォース ファイアースターター
VARGO アルティメットファイヤースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンタ
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー