ソロキャンプツーリング ~焚火酒

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 
タグ:アルミロールテーブル(コンパクト) の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

Sponsored Link

SOTO フィールドホッパー ブラック ついでに定番テーブルと比較

最近すっかり軍モノの機能美に毒されているワタクシめであります(;´Д`)

ミリタリーモノの野営用品は作りがかなりしっかりした物が多く、
一見ウルトラライトとは相反するモノなのではありますが
うまく使うと一つで2つ以上の機能を秘めているモノも数多有り
そのあたりの工夫も含めて道具選びの楽しさが再び膨らんでしまっている訳なので有りますね^^;

それがなぜ一つ持っているSOTOフィールドホッパーをもう一つ買うことにつながるのか・・・。
道具沼の闇は非常に深いということですね。。


DPP_0277.jpg

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


ツーリングテーブル 考察

湯沸し程度しか調理しないツーリングキャンプに椅子は必要無くとも
マグやクッカーを置く程度のフラットなスペースを得るためにもコンパクト系テーブルは必須装備ですな。

そんなストイックなツーリングキャンプ用のコンパクトなテーブルから
調理などを楽しむキャンプ主体のキャンプツーリング用のちょっと大きめのテーブルなど
私もいくつか所有しておりますが、それらは状況に合わせて選び持ちだしています。



DPP_f0513.jpg

なんだかんだで一番出動率の高い永遠の定番? 
キャプテンスタッグ アルミロールテーブル(コンパクト)
なんで一番出番が多いか・・・ 仕舞いの小ささと重さ、使用サイズ、そして組み立ての手間。
それらのバランスが一番優れていると実感しているからに他なりません。
椅子を持たない前室クッキングツーリングの時からフル積載キャンプの時まで多用しております。



DPP_f0745.jpg

ホリデーロード ツーリングテーブルVHS-AL
収納サイズがテーブルになるとは思えない程の隙間サイズなので
前室クッキングで椅子を持たないツーリングキャンプ時に使っていますが
他のと比べると組み立てにちょっと手間がかかるのがデメリットですかね。

出発前のパッキングの際、VHSか上の鹿番長テーブルかで毎回悩みますが
他の荷物との折り合いでVHSにすれば縮めモードのパニアで出撃できそうな時など以外は
やはり鹿番長を選びますね、楽だし^^;


DPP_g0092.jpg

笑's 焚き火調理台450
2.3kgと結構重たいんですがかなり薄くなるのでバイクにも積みやすいテーブルでした。
(いつの間にかに廃盤になってしまったので過去形で・・・。)
画像では前室で使っていますが調理に凝るキャンプツーリングの時にも出番の多いテーブルです。

私的には収納長辺が40cm以下だったらパニアに入りそうなのに・・・と惜しむ部分もありますね。

DPP_g0358.jpg
小川キャンパル アルミコンパクトテーブル
鹿番長テーブルを購入する前までは主力テーブルでしたが最近めっきり出番が減ってしまいました。
今ではカーミットを積んだ時に一緒に持ち出す程度の使用頻度です。

個々の道具で考えるとホントに大した手間じゃないはずなんですが
キャンプ中の滞在時間を一括りで考え、更にそれを繰り返していくと気になってしまう。。

設営撤収の手間がかかるものには
その分、仕舞寸法への寄与や
使用時の大きさ、使い勝手(仕舞いと使用時の大きさのギャップ)などを求めたいですが
このテーブルに掛かる手間は仕舞寸法と高さへの寄与はあっても
肝心の天板面積へのメリットが乏しく感じてしまうんですよね。
人間一度楽なものを知ってしまうとダメですなぁ^^;

鹿番長テーブルなどで天板が手狭になってきたら迷うこと無くベタ置きに行くんですが
小川のテーブルは高さがあることでベタ置きもちょっとやりにくく
天板面積とも相まって調理向きではないといった印象です。

チェアサイドに酒とツマミを置き投げ出した足を組んでまったり過ごすには非常に良いテーブルです。
私的には景色の良いキャンプ場でこの目的のために持参する事に意義を感じ
なんだかんだで手放さずに愛用しているテーブルだったりします(笑)

さて、今回の記事は・・・

上に上げているテーブルですが焚き火調理台以外は
積載の都合上仕方が無いとはいえ調理主体のキャンプでは天板面積が不足気味。

そこで仕舞いの大きさには多少目をつぶって
一回り大きな天板を手間をかけずに展開できそうなテーブルを探してみました。


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。

カーミットチェア 

そういえば詳細を上げていなかったカーミットチェアです。
もうweb上にもずいぶん情報が流れているので今更感が漂いますが
『キャンプツーリングチェア徹底比較』の一環として挙げさせていただきます。

まずはテーブルでの大きさ比較です。

DPP_f1159.jpg

DPP_f1160.jpg

カーミットと地上高12cmのアルミロールテーブル(コンパクト)との組み合わせでは
これをメインのテーブルとして使うのにはさすがに無理がありそうです。
ただこの時は天板面積が足りない小川のアルミコンパクトテーブルのサブテーブルとして持参して活躍しておりました。

高さ19cmの焚き火調理台との組み合わせではやや低さを感じるものの
中棚があることでコレ一台で済むと考えれば有りかもしれません。


その重さから購入を見送っていた焚き火調理台ですが
カーミットの到着後ググった某サイト。

『調理中のストーブに乗ったクッカーを扱うにはちょうど良い』
という殺し文句で購入したわけですが確かにこの組み合わせは大いにアリだと考えます。


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


TRAVEL CHAIR Cotton Duck(コットンダック)

先日行って来たキャンプツーリングチェア 徹底比較の撮影時に
個別の画像も用意してきましたので早速ネタアップと参ります(笑)

まずは比較した中では個人的に一番のコストパフォーマンスを持っていると思う
TRAVEL CHAIR社の コットンダックです。

DPP_f1147.jpg

丸まった座面パーツと
二本の脚パーツ、そして背もたれ補強パーツでの構成です。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


キャンプツーリングチェア 徹底比較!

キャンプツーリングを快適に過ごすために非常に重要なツーリングチェア。

気がついたら何時の間にかに色々取り揃える結果になっていたので(汗)
ここいらで一発比較記事でも上げておこうと思います。

DPP_f1133.jpg

仕舞い荷姿 左から

カーミットチェア
収納サイズ: 約11 x 16 x 56cm
耐荷重: 158kg
座面高: 約30cm
重量: 約2.4kg

コットンダック
設営寸法:49x63x51h(座面高:16cm)
仕舞寸法:52x15x7cm
本体重量:約2.1kg
耐荷重 135kg

あぐらイス
サイズ(cm):W45×D45×H49
自重(kg):1.7
耐荷重(kg):75

フィールドローチェアー

サイズ:使用時 H 86 × D 53 × W 45cm 
座面高さ・前部24cm 後部21cm
収納時 H 8 × D 20 × W 53cm
重量:約2.8kg

Larry Chair(travelchair)
寸法 48×48×53
重量 約1.6kg

キャプテンスタッグ パイプ椅子

(上に)
キャンパーズコレクション フォールディングチェア(廃盤品?)
類似品だとコールマン ハンディチェアあたりでしょうか。

イスカ コンフィシート


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


原点回帰のパッキング・・・ そしてキャンプ物欲終了の兆し

先日マイクロレギュレターストーブが届いたことがきっかけになり改めてパッキングを見直してみました。
ストーブ考が原点回帰に至り、それで奇しくもパッキングまで初心に変える結果となりました。

今回のレポは他のバイクでもちょっとでも参考になるよう
汎用性の高い防水バッグ(JTCバッグ)でパッキングしていますが
(単体での収納力は防水バッグ > 右パニア = クラウザーK5といった感じです。)


ほぼ同じ内容で某復活祭キャンプに参加、このときはパニアでのパッキングでしたが
このパッキング内容の手応えを感じています(笑)

DPP_f0643.jpg

バッグにすべて入れてまだテントが入る余裕もありますが
テントは形的に底に入れることになり、
そうすると設営時に一度バッグの中身をぶちまけなければならないのであえて別に積載します。

どちらかというと私的には珍しく「ツーリング」キャンプに重きを置いたパッキングですが
どうしても減らしきれなくて炭焼きコンロまで持っていってます^^;
どこがツーキャンですか?ってツッコミはさておき(笑)

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


1月23日~24日 こもれび六斗の森

1月23日~24日 こもれび六斗の森
前日までにパッキング、準備は終了!
あとはどこに行こうかな~って所でしたが
明け土曜日の仕事が思ったより遅くなってしまったため
より近場でまったりキャンプといく事に。

DPP_f0508.jpg
ここだけゆっくり時間が流れているようですね。

冬場は走りより野外飯、酒!ということでキャンプを楽しみに行くんで
中型シェルター、コット、ダッチオーブンに暖房用ケロシンストーブと結局過去最大級の積載量!

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


ホリデーロード ツーリングテーブルVHS‐AL(アルミ天板バージョン)

キャンプツーリングでのテーブルに関して
今までコストパフォーマンスや使い勝手、バイクへの積載、用途などを総合的に考えると
既製品の中では一緒に持ち込む椅子の高さに合わせた2択のみだと考えておりました。

選択肢の一つは超定番商品である
ジベタリアンからフィールドローチェアー(座面高約20cm)位までの高さにあった
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブル(コンパクト)
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブル(コンパクト)

サイドのキャップが無くなったり
スレ傷が目立ったりしますが
無くなろうが傷が付こうが野外で使うものだしまぁいいかと
気軽に割り切ることができる価格帯
圧倒的楽に展開収納できる利便性はこれ随一ですね。
キャプスタだからって敬遠する方もいるかもしれませんが
このあたりは多くの人が使ってる道具なので全くもって無問題です。

もうひとつは座面高30cm↑位の椅子を持ち込む場合
上のローテーブルでは低すぎるため高さのあるテーブルが必要・・・。
となると使用時の高さがありつつ無理なくバイクに積めるとなると

ラフ&ロード:ROUGH&ROAD/アルミコンパクトテーブル

ラフ&ロード:ROUGH&ROAD/アルミコンパクトテーブル

このあたりが無難ですよね。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。




ユニフレーム kite カイトに惚れた~>< 夏場はこれで決まりです!

金曜からの2泊3日東北ツーリングで
新規購入のユニフレーム カイトを実戦配備して参りました~。

結論から言うとこれにはかなり満足~!
廃番勿体ないよ~、ユニフレームさん。
ぜひあと一万円安くして再販お願いしたいところです(笑

再販はさておき、
使ってみてあまりにバランスが良く使いやすいテントだったので
モノがあるうちに(廃番がらみで安く買えることもあるし)ぜひお勧めしたいと思い
ツーリングレポより先に道具レポートになってしまいます(笑

天気が良く蚊なども少ないキャンプ場だったので
私的ツーリングテント活用3段階の一番開放側での使い方ですが
ゴザスタイルで少ない荷物でも快適に過ごすことが出来ました。

晩秋~春の時期は参天の居住性で決まりですが
今後蚊やブヨがいる夏場はこれを持ち出すことで決定ですな~!

DPP_f0133.jpg

私が想定している夏場のツーテン活用段階の2番目は雨だけど虫は少ない場面。
この場合では自分はテント内に座り、前室のスペースを使って煮炊きする状況ですね。

テント引き籠り度最大の3番目では蚊が多い夜間などに
テントインナー内ですべての用事をこなす場面です。

カイトはインナーが広く前室も必要十分なので3段階すべてに対応できそうです。
設営撤収については試し張りのときの記事通り
スピーディかつ雨の連泊にもなんとか対応できますし
(このあたりは参天の方に分が有りますが・・。)
普通のテントとしては文句なしに良いテントですよ、これ。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。
約32万件ものブログが集まっている健全なランキングサイトです。


R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

荷物を表に出さないパッキングパターンを・・・

パニアに入る焚き火台が来たので
原点回帰? 荷物を表に出さない スマート積載キャンプツーリング
この記事で考えていた
現状の快適性を可能な限り維持しつも防水バッグを使わないパッキングを考えてみました。
キャンプ道具は左右パニアへ、
トップケースは買い出し用スペースなどとしてなるべく空きスペースを作るようにします。

防水バッグは雨天撤収でテントを畳まずに
突っ込んで帰るのに便利なのでトップケースには入れていきますよ!

本当はこのパッキング記事の前に所持アイテム(現役装備)リストを上げるつもりだったのですが
ちょっと手間がかかって仕上げに苦戦中^^;
サイドバーの準備中部分にも使う部分なので明日には頑張って上げたいと思っています・・・。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です





ブログランキングを見て応援!!

一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!



最新エントリー
ブログキーワード
最近のコメント
Sponsored Link
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
シェルターハーフテント
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
SOTO フィールドホッパー
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
チタン キャンティーン
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
自作テッパン
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー
スノーピーク Myプレート

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
スノーピーク ノクターン
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパックXL
ロゴス ハイパークーラー
サーモス ソフトクーラー
ストライクフォース ファイアースターター
VARGO アルティメットファイヤースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンタ
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー