ソロキャンプツーリング ~焚火酒

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 
タグ:ステンレスダッチオーブン の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

Sponsored Link

ソロキャンプの熱源について考えてみる

今回はキャンプツーリングの熱源について再考してみた。

バイクキャンプの場合はツーリングに重きをおくか、
キャンプに重きをおくかでまったく状況が変わってくると思うけど
それぞれの場面で使っているものを振り返ってみます。

(これで言い訳作って新しい道具を買おうなんてまったく思っていませんよ♪)




DPP_f1089.jpg


焚火缶+トライポッド+延長足 +ユニフレーム ファイアスタンド
(このリンクもう6年も前の記事になるのか^^; 時がすぎるのは早いなぁ・・・。)


焚火を使うキャンプツーリングの熱源としてはかなり実用的で且つ面白い熱源ですな。

ただ自分の場合、これで難しい調理はできません^^;
せいぜいおでんとか温めるだけだったり、単純な煮込み料理だったり。

火力のコントロールなどでただ燃やすだけの焚火と違いちょこっとした課題もできるしお気に入りの熱源です^^





続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



ステンレスダッチオーブンで炊飯!

以前、手持ちの鋳物ダッチオーブンで炊飯したところ
かなり鉄臭さが付いてしまいそれ以来ダッチでの炊飯は避けていました。
(このときは腕が悪かったわけですが)

その後、浸水時間を別鍋でやることで匂い移りが抑えられることに気がつきましたが
そうやってみても微妙な鉄、油臭さが・・・。
ウチのダッチではどうにも匂いを抑えることができなかったんです。

ステンレスダッチオーブンならその匂い移りの心配も無いと言うことで
早速試してみましたよー。

DPP_f0468.jpg

とりあえず一人前一合。
水加減は一般的な1対1.2でやってみました。


続きは↓の続きを読むからどうぞ

シーズンオフだけど→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ 一日一回気合い注入お願いします!

積載用防水ダッフルバッグ オルトリーブ ラックパック(ORTLIEB RACK PACK)


フルパニアという広大な積載スペースがあってもなぜかいつも満載。
スペースがあればキャンプ道具を積んでしまう悪い?癖がなかなか取れません。

前回のキャンプツーリングでは
パッセンジャーシートに積んだJTC防水バッグの上をフリースペースとしていましたが
この方法では荒天の場合、上積みする荷物にわざわざ防水対策を施すなどしなければなりませんでした。

通常、万能フリースペースとして使われるトップケースですが私の場合では
カメラ機材の定位置となっておりこの部分を使うわけには行きません。
左パニアはマフラー熱の影響があり必然的に右パニアの有効利用が思い浮かびます。

ただ容量の大きい右パニアを空きスペースとしておくのはパッキング面でだいぶ不利になってしまいます。

DPP_f0969.jpg
そこでその容量を補うべく用意したのが、オルトリーブ ラックパック XLというわけですね。

防水ダッフル系のバッグはバイク用品系以外にも
ノースフェイス、パシフィックアウトドアなどから出ていますが
機能性を突き詰めるとオルトリーブに行き当たりました。

パッセンジャーシート上に追加上積みする余裕があるということなら
最初からそのスペースに積んでおきその分パニアを空けておけば
旅の経過で目に見える(手間のかかる)積荷の追加、移動等を軽減することが出来ると考えました。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



富山 新潟 岐阜 長野を行く 念願の有峰林道キャンプツーリング 一日目

8月15~17日
殆ど何も無い山の中に広がる色鮮やかな紫色で多方に広がり美しく描かれている道路。
その有峰林道をツーリングマップルで初めて見てからいつか訪れてみたいと願っていましたが
今回念願叶い有峰林道をメインに4県の峠、ワインディングを走って参りました。

DPP_f0924.jpg

富山県黒部から宇奈月温泉までの移動中のひとコマです。

一日目(15日)は埼玉から富山までの移動日に当て
有峰林道、その後の長い山道は二日目の早朝から入るのがベストと考えました。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



SOTO シングルバーナー ST-301 インプレ

直火以外でのダッチオーブン熱源、またファミキャンでのメイン熱源として購入してみた
SOTO ST-301ファーストインプレッションです。

ダッチオーブンの熱源は焚き火対応を最近上げたりしていて
「まーた、コイツさ迷っているよ~!」と迷走と見えるかもしれませんが
夏場のお手軽熱源等々、確固たる信念のもと購入しておる次第であります!

CB(カセットガス)缶ストーブ購入にあたりスノーピークのギガパワーデルタポッドCBと最後まで悩みましたが
ゴトクの安定性、火力、実はST-301と変わらない収納寸法など
デルタポッドの短所を教えていただき無難なSOTOの購入と相成りました。

DPP_f0797.jpg

私的にはユニフレームのUS-Dに代わる熱源としての購入なので
この化粧箱を見たときは正直これはコンパクト!と思いましたねー!

だけど重く大きいので一般的なソロキャン用シングルストーブとしては当然見られません。
グループキャンプやファミキャン兼用としての用意であれば有り?!

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


臆する事はない!

以前からキャンプツーリングのスタイルは大きく分けて2種類あると思っております。
ツーリング主体の「キャンプツーリング」
キャンプ主体の「バイクキャンプ」
キャンプの時間の過ごし方の違いなどから
それぞれの目的に合わせた最適な道具は異なると考えており
最近は時期的にもツーリングメインに振り荷物を減らすシンプルキャンピングを心がけつつ
最低限の快適性の維持を図っていましたが
この時のパッキングを振り返って我に帰った思いです。

あれだけの内容を積んでもシンプルパッキング時の積載と見た目ではほぼ変わりがありません。
元々わずか一晩でも快適なキャンプを目指すことが主目的でもあったし
今後は積載に臆すること無く「キャンプツーリング」と「バイクキャンプ」の融合にも挑戦してみたいと思っています。

たった一時間しか座る時間がなくても
火の前で足を組んでビールをやるためだけにフィールドローチェアーを積んでいく。
そんな一見非効率に感じることも原点に帰ればきっと楽しめるはずです。

あぁ・・・まぁ言うは易しと^^;
だけど以前コメントを寄せていただいた某氏にご満足頂くためにも改めていきまっせー!


一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


DUG トライポッドをファイアスタンドに対応させてみた

キャンプに行けない週末は妄想にふけり・・・。

と、言いますか単純に暇だったので
前々からもう一節足が長ければなぁと思っていた
DUG 焚き火缶トライポッドの足を延長するべく
近所のビバホームセンターに行ってきましたよー。

先にTwitterにてつぶやきましたが
買ってきたのは6点です。

全ネジ(スタッドボルトとも言う?) 8mm×285mm 3本
長ナット 8mm 3個 
合わせて500円位でしたかね。

それをトライポッドの足に挟み込むわけです。

DPP_f0791.jpg

焚き火缶 トライポッド単独のインプレはこちら

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



夏場のダッチオーブン熱源で一考

ダッチオーブン。
その鉄鍋の特質は
どんな食材でも火に掛けるだけで美味しく仕上がるというところにありますね。
本来であれば調理を簡単に済ますという面で重宝されるべき道具であります。

憧れを感じる部分も大きいですが使用後の扱いで
放置してしまうとサビが浮くことなど飲酒ソロキャンパーには相性が悪い部分があり
実際に使ってみるとそのままお蔵入りになってしまうケースも多いのではないでしょうか。

そのネガな部分を払拭するお手軽ダッチとしてステンレス製があり
使ってみると普通の鍋と同じような感覚で取り扱うことが可能になっていました。

DPP_f0770.jpg

しかしツーリングキャンパーにはダッチの自重から積載面もさることながら
ダッチの重さに耐えうるしっかりした熱源の確保も難しい問題に感じます。

薪が現地調達可能であれば尾上を始めとした折りたたみ式の木質系ストーブが
最終的にコンパクトかつ扱いやすい熱源でDOを含めたバイクへの積載も不可能ではないと考えます。

ただ涼しい時期なら焚き火兼調理台ということで最高の選択ですが
これからの時期、薪での調理は正直厳しいものがありますね。
そこで夏場用のダッチオーブンの熱源について考えてみました。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

更新頻度が減少中ですがここで一つ・・・→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


SOTO ステンレスダッチオーブン用収納ケース

先日のちょっとしたセールでポチっとしておいたダッチオーブン用収納ケースが届きました
(という現在進行形は間違いで数日前に届いていました^^;)

DPP_f0627.jpg

思っていたより小振りでコレで入るんかいな?と思いつつ開梱!
見た目かなりタイトな作りに感じます。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


セールついでにもう一つ禁断ネタを・・・ステンDO

フォールディングBBQコンロが10%オフになっているので過去記事をすぐ下に上げていますが
(ご興味のある方はこちらからどうぞ http://1200gs.blog90.fc2.com/blog-entry-818.html
同ショップでステンレスダッチオーブンも割引対象になっているんですよー!
私は昨年調べた限り一番下値で8インチを購入しましたが
15日9:59までそれ以下で購入できます・・・(うぅ悔しい^^;)
このwebショップはホームセンターアウトドアコーナーでおなじみの
キャンパーズコレクションを展開している山善の直営店でちょっと安心だし
いつも送料無料なので大変重宝しております(笑)


【3日間限定10%OFF】【送料無料】 SOTO ステンレスダッチオーブン(8インチ) ST-908 %OFF ア...
【3日間限定10%OFF】【送料無料】 SOTO ステンレスダッチオーブン(10インチ) ST-910 %OFF ア...

ちなみに私が持っているのが昨年までの型でSTGシリーズ。
今年からSOTOのステンDOは一新されST-900番台シリーズとなりました。
本体に差異は無い様ですが値段ほぼ据え置きで
付属品の底網素材が鉄クロームメッキからステンレスにバージョンアップされているようです。
(これまたうぅ悔しい...)

またコレに合せて昨年までなんで10インチ用しか作らんの?と思っていたサイズ別専用ケースもついに出ました!


【3日間限定10%OFF】【送料無料】 SOTO ステンレスダッチオーブン用 収納ケース(8インチ用) ST...

ケースは今のところ鍋肌に付いているスス汚れが他の荷物に移らなければ充分ということで
100均の巾着袋に入れていて実際それでほぼ事足りているんですが
せっかく安くなってるしポチっておこうかな・・・。

※はい、今しがた逝っておきました・・・^^;
ブログランキングを見て応援!!

一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!



最新エントリー
最近のコメント
ブログキーワード
Sponsored Link
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパックXL
ロゴス ハイパークーラー
ストライクフォース ファイアースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンタ
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー