ソロキャンプツーリング ~焚火酒

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 
タグ:ツアラープラス の記事一覧

| |

Sponsored Link

DUG 焚火缶3セット

DUG 焚火缶。
DUGトライポッドを購入時にその存在を知ったけど
そのときはここまでは用がないだろうと思っていたはずですが・・・。

今日、なんでか我が家に届きました・・・(笑)

DPP_f1048.jpg

最近増えてきた尾上ユニ ファイアスタンド+トライポッドなどでの直火調理の機会。
直火調理ではどうしてもクッカーが黒いススにまみれてしまいます。

ススも気にしないで使えるダッチはありますが
それよりも気楽に使え、さらに吊り下げられるタイプの鍋を探していて白羽の矢がたったのがDUG 焚火缶3セットでした。
適度なチャチさが軽量という副産物を生みリーズナブルなのが良し!

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


trangia Triangle トランギア トライアングル に色々載せてみた

耐風性を確認して風防としてもしっかり機能する風防兼ゴトクのTrangia トライアングル。
私の今季ライトパッキングの中心にすえようと考えておりますが
今後のパッキングの参考にするため
Trangia トライアングルにソロクッカーなど色々載せて実際に使用可能か試してみました。


DPP_g0618.jpg

このタイプのゴトクの弱点の一つに
載せることのできるクッカーを選ぶ点があります。
(針金なんかで橋を作って載せる方法もありますけどね)

まずはそのまま行けるか試すのが先!



とりあえず手持ちのクッカー・・・


メスティン   公称サイズ16.5×9×6.5cm

トランギア 純正ケトル0.6L  公称サイズ 径13.5 x h 7.5 cm

ロッキーカップ(ベルモント 深型シェラカップ) 
公称サイズ 径118 × 深さ58mm

スクエアコッヘル(フライパン 大鍋 小鍋) 公称サイズ 辺13 辺13 辺11

焚き火缶 S 公称サイズ 径127mm×高さ103mm

ツアラープラス(フライパン ライスクッカー 小鍋) 公称サイズ 径145mm 径165mm 径148mm

このあたりでいっちょお試し致します。


DPP_g0672.jpg

その前に・・・
トライアングルはメスティン内にもスタッキング可能。
ただ残念ながら底に寝かして入れることはできず斜めに入れるようになります。
一緒にアルミハンドルなどの小物を仕込むスペースも少し取ることができますね。

しかしメスティン+トランギア トライアングルを持ち出す場合、
メスティン内にトライアングルゴトクを入れなければ
アルコールバーナー本体やトランギアガスバーナーを入れることが可能なので
メスティン内には火器+αを入れトライアングルは薄いし別に運んだほうが効率は良さそうです。


DPP_g0673.jpg

さて、メスティン ガタつきなく問題なく乗ります。


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



ストームクッカーLが来たので手持ちのクッカーと比較してみた。

憧れの?! ストームクッカーが届きましたので
バイクでのパッキングを視野に入れたキャンプ用クッカーの仕舞寸法比較をしました。

通常、クッカーの類はバッグ・パニア・箱など積載手段の中では平置きとなる機会が多いと思いますが
その場合にはなるべく小さいもの、特に直径が短い物の方が
他の荷物とのパッキングの兼ね合いの都合上扱いやすいですね。

DPP_g0263.jpg

左からツアラープラス焚火缶Lセット(焚火缶Lの中にトランギアのケトル0.6とスクエアコッヘル3が入ってます。)
そしてストームクッカーL

それぞれツアラープラスはタンデムキャンプツーリング用。

焚火缶セットは現在私のメイン装備で+焚き火台、鍋を吊り下げるトライポッドとあわせて
直火調理から炊飯、湯沸しまで対応できる万能調理セットです。
秋~春の焚火のあるキャンプではこのセットを使っています。
えぇ、これのおかげでダッチオーブンの出番がほとんど無くなりました^^;

ツーリングメインのツーリングキャンプの時は
焚火缶から普通にスクエアコッヘルのみを取り出し持参します。

そんな隙の無いラインナップの中、ストームクッカーの使い道は・・・


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。

トランギア ストームクッカーL(25-6UL)

本当はストームクッカーの鍋セットとしての比較を
ツアラープラスと現在メインで使っている焚火缶セットとの比較として1記事にして載せるつもりでしたが
撮ってある画像が結構多いのでとりあえずストームクッカー単体の紹介記事を上げときます。

さんざん既出なのでサラっと行きますよ!

DPP_g0248.jpg

DPP_g0249.jpg

クッカーを載せているテーブル比で考えるとデカさが伝わりますかね^^;

ストームクッカーS(27シリーズ)のソースパンが1リッターサイズということで
(スクエアコッヘルの小鍋がだいたい同じサイズですな)
それではどう考えても私の用途では小さすぎるということでLを選択しましたが
鍋についてはこれで納得も
セットとしてそれを覆う本体風防は当然鍋のオーバサイズとなり
結果的に収納径が約22センチメートルと大きくなってしまってます。

この収納直径はファミキャン御用達のユニフレームFUN5DXとほとんど変わらない径ですな。。

DPP_g0250.jpg


とっかかりにくくなってしまったようですが

道具としての魅力はやはり大きいです・・・。

デカイと言いつつ次の思考回路は如何に持っていくかと考えていますし(笑)

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


ソロキャンプでの炊飯 ユニフレーム トレイルスクエアコッヘル (小鍋) 試用

※ 8月27日 一部補足追記

先日届いた ユニフレーム トレイルスクエアコッヘル3 ですが

鍋大:辺13cm×深さ7.7cm×満水容量1.0L×炊量2合
鍋小:辺11cm×深さ6.5cm×満水容量0.6L×炊量1合
フライパン:辺13cm×深さ3.5cm

上のような大きさのセットで私の使い方の想定では
熱源がシングルバーナー 一つでも
まず小鍋の炊飯準備で米研ぎを済ませ浸水
大鍋で汁物や鍋物の仕込みを行い火から下ろす
次に小鍋で炊飯、蒸らし(10~15分)の間は火にかけておく必要がないので
その蒸らしの間に汁物の温め直し&フライパンで軽い焼き物

と、こんな感じの使い方を想定して購入しました。
スクエアコッヘルではフライパンに蓋が出来ませんが
二つの鍋にはそれぞれ専用の蓋が付いています。
ツアラープラスの唯一の欠点? これは蓋が一つしかない点で
上の使い方をするとき一時置いておく大鍋に蓋をしておけないんですなぁ。
それと大鍋で鍋物すると必ず作りすぎるのも・・・(苦笑

今日はあまりにコンパクトな見た目から
スクエアコッヘル小鍋で1合炊きが本当に出来るか不安になり
野外に持ち出す前に一度試してみることにしました。
 
DPP_f0184.jpg

トレイルスクエア3 小鍋 + コールマン 550B

ガスストーブのST-310だともっと楽だと思うのですが
試用なのであえて550Bを持ち出しました。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。
約32万件ものブログが集まっている健全なランキングサイトです。


R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

キャンプツーリング パッキング クラウザー K5 編

この記事は先日の記事
キャンプツー道具を色々な方法でパッキングしてみよう!シリーズ」の続きです。

第4戦は R1200GSにトップケースとして利用しているクラウザー K5 です。
47Lと大容量ですが内部の形状からこれもそれほど入らないんじゃ・・・と思っていました。

IMG_2619.jpg

私は個人輸入代行のユーロネットというところで購入しましたが
人に勧めるなら送料や保証の面を考慮すると国内代理店を通しての購入ですかね・・。
購入価格の差額もありますが安心感には替えがたい部分もあります。

KRAUSER:クラウザー/SYSTEM K5 パニアケース

KRAUSER:クラウザー/SYSTEM K5 パニアケース

KRAUSER:クラウザー/K5 トップマウント R1200GS


私に語学力があればユーロ安を利用して海外通販に挑戦してみたいところですが・・・。
続きは↓の続きを読むからどうぞ
R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

キャンプツー道具を色々な方法でパッキングしてみよう!シリーズ

手持ちのキャンプツーリングアイテムで
これだけあればとりあえず食う寝るとキャンプを過ごせる
基本的な道具を選んで色々なパターンでパッキングしてみました。

まっつ的 ミニマムキャンプツーリングアイテムは以下の通り・・・。
IMG_2563.jpg
上段左から
キャプテンスタッグ アルミロールテーブル コンパクト
アライテント トレックライズ2   関連記事→ (1) (2)
アルティアック スキンマット 関連記事→ (1)
モンベル UL SS #3 関連記事→ (1)
小川テント マルチシート(ステイシー用)

中段左から
キャンパーズコレクション イス
調理器具ケース (内容は追記1)
ジェントス EX-777XP 関連記事→ (1)

下段左から
SOTO ST-310 関連記事→ (1)
ユニフレーム ツアラープラス
カセットボンベ
カトラリーケース (内容は追記2)

場合によっては温泉セットや着替えなども持っていく必要があると思います.
上記はあくまで一例としてください。

続きは↓の続きを読むからどうぞ
とりあえず下記の4パターンでレポートを用意!
記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!


R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

R1200GSでのパッキング・積載方法の紹介 兼 道具インプレ目次ページ

最近のキャンプツーリングに出かけるときのパッキング・積載方法です。
気温や人数などの条件に応じて若干内容が変わりますが
基本的には以下の装備でキャンプツーリングに出かけています。

このページは追々、各アイテムのインプレ&紹介記事を書いた後
アイテム名にリンクを張り目次ページとしても活用する予定です。


2007_1004blog0006.jpg

現在、私がR1200GSでキャンプツーリングに出かけるときは物置部屋から
左右パニアとボイジャーコットのみを持ち出して出かけられるようになっています。

キャンプを始めた当初、
ファミリーキャンプ用とソロツーリング用の道具が重なっていたときは
ファミリーキャンプ用の道具箱からアイテムを引っ張り出し
まとめてからパッキングと手間がかかりちょっと面倒だったのですが
最近はソロキャンプ用の道具とファミリーキャンプ用の道具が完全に分かれるようになったため
バイクキャンプ用のアイテムはほとんどパニアに詰めっぱなしです。
キャンプツーに出かけるときは寝袋と調味料を用意する程度で非常に楽に積み込みができます。

2007_1004blog0002.jpg

マフラーの逃げがあるため容量の少ない左パニアのパッキングです。
主にキャンプ地に着いて最初に展開するテントやイスなど大物道具類が収納されています。

2007_1004blog0003.jpg

上段左から
小川キャンパル ペグ用 スチールハンマー
小川キャンパル ステイシー用 マルチシート
マウンテンハードウェア kiva と ポール インプレ1  インプレ2
ブレッドシュナイダー モスキートネット
ユニフレーム ネイチャーストーブL と 専用焼き網
キャンパーズコレクション 折りたたみイス
小川キャンパル アルミコンパクトテーブル  インプレ1

パッセンジャーシート上 ボイジャーコット インプレ1

2007_1004blog0004.jpg

GSでは大きい方、右パニアのパッキングです。
主にテント設営後、テント内で展開する道具がまとめてあります。

2007_1004blog0005.jpg

上段左から
ソニー 短波ラジオケース
アルティアック スキンマット
モンベル U.L.スーパーストレッチ ダウンハガー#3
調味料入れ
調理器具入れ 1

下段
ユニフレーム ツアラープラス
モンベル ウォームアップシーツ
カセットガスボンベ
調理器具入れ 2

これだけ入れても若干余裕があり空いているスペースには
寒い時期ではホワイトガソリンストーブ、
普段だとキッチンペーパーを一巻き詰め込んでいます。

2007_1004blog0001.jpg

GSに載せるとこんな感じです。
トップケースには温泉用具、合羽、ディスクロックなどすぐに取り出したい物のみを入れ
買出し用のスペースを空けています。

ボイジャーコットがこの位置で括り付けるのが少々面倒&雨だと濡れてしまっているので
将来的にはトップケースに収めることの出来るローライズコットにステップアップしたいと思っています。
積載物はバイクキャンプとしてはかなりの量があると思いますが
車体へは5分もかからず取り付け積載可能になっています。

番外編
コールマン エクスポーネント フェザーランタン インプレ1


記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!


長瀞キャンプ ~キャンプレポ編

4時過ぎとキャンプ場着が少し遅くなったので
明るいうちに設営と薪拾いを済ますべく、買出しは後に回してキャンプ場に入りました。
2007_0523blog0011.jpg

長瀞オートキャンプ場
ツーリングマップルの表示など通常では1泊1500円ですが
いつも1000円にまけて貰ってます・・。
今回もお世話になります!

ハイシーズン時などに区画が仕切られる事もあるようですが
基本的に乗り入れ可能のフリーサイトです。
今日は平日と言うこともあり、ほぼ貸しきり状態です。

買出しもスーパーが近いところにあるので便利ですねぇ。
2007_0523blog0026.jpg

今日の寝床です。
コット+セルフインフレーター式マットの寝心地は最高!
個別のキャンプ道具のインプレはネタに困ったときに追々やっていこうかと・・(笑)
2007_0523blog0029.jpg


2007_0523blog0018.jpg

今日のメインはキムチ鍋です。
鍋物は簡単レシピなのに一つの鍋(これ重要)で、肉と野菜と汁物が一片に摂れるのでバイクでのキャンプには最適ですね。
ツアラープラスの大鍋なら3人分くらいは一度に賄えそうです。

見た目はアレですが味はいいですよ~。
まぁいつもの事ながら作りすぎましたが・・・。

ツアラープラスの大鍋は、本来ご飯を美味しく炊くための鍋なんですが
ソロだと飯炊きは面倒なのでやりません(汗)
酒が入るのでオニギリ二個も買っておけば充分ですから・・。

夜勤明けで少々疲れ気味だったので9時ぐらいには焚き火も忘れて早々に就寝。
マットの上にそのまま寝てたので夜中に一度肌寒くて目が覚めました^^;
シュラフだと暑そうだったのでモンベル、ウォームアップシーツを引っ張り出して
もぐり込んでまた就寝しました。

2007_0523blog0022.jpg

二日目も快晴!

2007_0523blog0023.jpg

キャンプのときの飲酒と同じぐらい楽しみな朝のドリップコーヒー。
昨晩の残りと買っておいたパンで適当に朝食を。
あんまり手間がかかることはしません(笑)

毎回のことですがテントの内側が結露で濡れていますので
乾燥を待って9時過ぎぐらいに撤収開始、9時半にはキャンプ場を後にしました。
今回もご馳走様でした!

人気ブログを見る→  【バイクブログ】  【FC2】  【ランキング】

ブログランキングを見て応援!!

一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!



最新エントリー
最近のコメント
Sponsored Link
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
シェルターハーフテント
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
SOTO フィールドホッパー
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
オプティマス スベア 123R
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
チタン キャンティーン
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
自作テッパン
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー
スノーピーク Myプレート

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
スノーピーク ノクターン
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパック
ロゴス ハイパークーラー
サーモス ソフトクーラー
ストライクフォース ファイアースターター
VARGO アルティメットファイヤースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンタ
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー