ソロキャンプツーリング ~焚火酒

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 
タグ:焚火缶 の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

Sponsored Link

ソロキャンプの熱源について考えてみる

今回はキャンプツーリングの熱源について再考してみた。

バイクキャンプの場合はツーリングに重きをおくか、
キャンプに重きをおくかでまったく状況が変わってくると思うけど
それぞれの場面で使っているものを振り返ってみます。

(これで言い訳作って新しい道具を買おうなんてまったく思っていませんよ♪)




DPP_f1089.jpg


焚火缶+トライポッド+延長足 +ユニフレーム ファイアスタンド
(このリンクもう6年も前の記事になるのか^^; 時がすぎるのは早いなぁ・・・。)


焚火を使うキャンプツーリングの熱源としてはかなり実用的で且つ面白い熱源ですな。

ただ自分の場合、これで難しい調理はできません^^;
せいぜいおでんとか温めるだけだったり、単純な煮込み料理だったり。

火力のコントロールなどでただ燃やすだけの焚火と違いちょこっとした課題もできるしお気に入りの熱源です^^





続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



DUG 焚火缶3セット

DUG 焚火缶。
DUGトライポッドを購入時にその存在を知ったけど
そのときはここまでは用がないだろうと思っていたはずですが・・・。

今日、なんでか我が家に届きました・・・(笑)

DPP_f1048.jpg

最近増えてきた尾上ユニ ファイアスタンド+トライポッドなどでの直火調理の機会。
直火調理ではどうしてもクッカーが黒いススにまみれてしまいます。

ススも気にしないで使えるダッチはありますが
それよりも気楽に使え、さらに吊り下げられるタイプの鍋を探していて白羽の矢がたったのがDUG 焚火缶3セットでした。
適度なチャチさが軽量という副産物を生みリーズナブルなのが良し!

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


trangia Triangle トランギア トライアングル に色々載せてみた

耐風性を確認して風防としてもしっかり機能する風防兼ゴトクのTrangia トライアングル。
私の今季ライトパッキングの中心にすえようと考えておりますが
今後のパッキングの参考にするため
Trangia トライアングルにソロクッカーなど色々載せて実際に使用可能か試してみました。


DPP_g0618.jpg

このタイプのゴトクの弱点の一つに
載せることのできるクッカーを選ぶ点があります。
(針金なんかで橋を作って載せる方法もありますけどね)

まずはそのまま行けるか試すのが先!



とりあえず手持ちのクッカー・・・


メスティン   公称サイズ16.5×9×6.5cm

トランギア 純正ケトル0.6L  公称サイズ 径13.5 x h 7.5 cm

ロッキーカップ(ベルモント 深型シェラカップ) 
公称サイズ 径118 × 深さ58mm

スクエアコッヘル(フライパン 大鍋 小鍋) 公称サイズ 辺13 辺13 辺11

焚き火缶 S 公称サイズ 径127mm×高さ103mm

ツアラープラス(フライパン ライスクッカー 小鍋) 公称サイズ 径145mm 径165mm 径148mm

このあたりでいっちょお試し致します。


DPP_g0672.jpg

その前に・・・
トライアングルはメスティン内にもスタッキング可能。
ただ残念ながら底に寝かして入れることはできず斜めに入れるようになります。
一緒にアルミハンドルなどの小物を仕込むスペースも少し取ることができますね。

しかしメスティン+トランギア トライアングルを持ち出す場合、
メスティン内にトライアングルゴトクを入れなければ
アルコールバーナー本体やトランギアガスバーナーを入れることが可能なので
メスティン内には火器+αを入れトライアングルは薄いし別に運んだほうが効率は良さそうです。


DPP_g0673.jpg

さて、メスティン ガタつきなく問題なく乗ります。


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



ストームクッカー最適化計画 Esbit グリッパー

ファーストインプレッションでは思ったよりデカイとか言いつつ
結構気に入って使っているtrangia ストームクッカー。

DPP_g0333.jpg

もちろん買ったままの状態でも十分使えるんですが
収納状態や使っている時に不用意な傷付きを防ぐための対策を施してみました。


まずはエスビット グリッパー

DPP_g0387.jpg

取っ手が無いストームクッカーの鍋とフライパンは専用のアルミハンドルで掴むことができますが
鍋との接点がアルミ剥き出しのため傷つきやすいみたい。
まったく同じ用途なんですがエスビットのグリッパーは接点保護のゴムが付いているんですよね。
(ゴムが取れることを想定してあるのか予備が2個同梱されています。)


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。

幕より焚き火台

DPP_g0385.jpg


所有したウッド燃料系ストーブ・・・ 気がつけば11基(;´∀`)

焚き火台に関して某氏が洒落臭いと言った真意は分からないけど
あの特集内容でしゃらくさい=面倒というニュアンスでは普通言わないと思うんだよなぁ。。
きっと本来の洒落臭いという感じで発した言葉なんじゃないかと
直火してその跡を元通りに戻していくほうがどう考えてもより労力かかるし。。

まぁ他人がどう言おうがワタシにはどうでもいいんですが(笑)




ブログを書いている以上、色々使ってみることにもきっと意味があると・・・。

使い勝手、積載の組み合わせ、そして比較。


しかし多すぎる気がしないでもない^^;

来週発売予定の某30基限定品、、、逝っとくか非常に悩ましいのであります。。


一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


信州奥飛騨ツーリングキャンプ 一日目 陣馬形山キャンプ場

好天に恵まれた週末10月8~10日の3連休。(私は普通の連休でしたが^^;)

上高地あたりなら始まっていそうな紅葉を写真に収めれることをちょっぴり期待して

信州奥飛騨方面へ2泊3日のツーリングキャンプに行って参りました。




8日土曜日は思っていた以上に夜勤が長引いてしまい、

一時は明日からの一泊に変更を考えておりましたが

焚き火台以外のパッキングは終わってるし

(実はここまで奥飛騨方面ということだけ決めていて細かい何処何処に泊まるかとかは決めていなくて、
焚き火台は薪が手に入るか否かでどれを持っていくか決めようと思っていました。)

なんだか妙にヤル気も維持されているし午前十一時過ぎ出発決行と成りました!



DPP_g0274.jpg

日没が近い時間に初めて通る未舗装林道と言うのはなんと心寂しいものなんでしょうか。

扉の画像は時が飛びなんとか完全日没する前に到着できた陣馬形山キャンプ場で

おぉ、人がいる!とほっと一息した時の様子の写真です(笑)


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。

ストームクッカーLが来たので手持ちのクッカーと比較してみた。

憧れの?! ストームクッカーが届きましたので
バイクでのパッキングを視野に入れたキャンプ用クッカーの仕舞寸法比較をしました。

通常、クッカーの類はバッグ・パニア・箱など積載手段の中では平置きとなる機会が多いと思いますが
その場合にはなるべく小さいもの、特に直径が短い物の方が
他の荷物とのパッキングの兼ね合いの都合上扱いやすいですね。

DPP_g0263.jpg

左からツアラープラス焚火缶Lセット(焚火缶Lの中にトランギアのケトル0.6とスクエアコッヘル3が入ってます。)
そしてストームクッカーL

それぞれツアラープラスはタンデムキャンプツーリング用。

焚火缶セットは現在私のメイン装備で+焚き火台、鍋を吊り下げるトライポッドとあわせて
直火調理から炊飯、湯沸しまで対応できる万能調理セットです。
秋~春の焚火のあるキャンプではこのセットを使っています。
えぇ、これのおかげでダッチオーブンの出番がほとんど無くなりました^^;

ツーリングメインのツーリングキャンプの時は
焚火缶から普通にスクエアコッヘルのみを取り出し持参します。

そんな隙の無いラインナップの中、ストームクッカーの使い道は・・・


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。

GSにテントを積んで

正直、心のなかでは未だにやりきれない、すっきりしないんですが
火~水と約半年ぶりにGSにテントを積んで出かけてきました。

そんな心情を表してか空もずっと厚い雲に覆われ
何時雨が降ってもおかしくない天気でしたが

逆にその分設営後は焚き火だなんだとキャンプ中のイベントに囚われずに
のんびり過ごせた一日でありました。




ちょっと遠回りして佐久側から254、内山峡へ

DPP_g0094.jpg

写真で改めて見るとドンヨリと曇っておりますが
設営完了です!

一応ウッドストーブ系を持って行ってますが
何時雨が来るか分からんし今回は薪を買ってまで焚火はしないことに~。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


2011キャンプ始め 実はバイクも初乗り こもれびバイクキャンプ

1月25~26日 
ド平日に完ソロ狙って冬場はお決まりのこもれび六斗の森に行ってきました。

最初、いつもの通り連絡しないでも平気かな~と思いましたが
ふと嫌な予感がして念のため電話連絡。
これから行きます。と告げると今日は誰も泊まる予定など無かったようで
受付のお姉さんもかなり慌てた様子でありました^^;



買出しも事前に済まして現着!
しかしゲートも閉まってるし管理棟にも人の気配がありません(汗)

さて困ったもんだと思っていると
キャンプ場の道路を挟んで向かいにある事務所からわざわざ車で
電話に出た受付の方が迎えに来てくれましたよ。
冬のド平日にソロキャンプをしようとする物好きのために大変恐縮であります^^;

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。

笑'sフォールディング薪ストーブ ロストル仕様変更

2日がかりでこの記事を書いていたら200万PVきました!
たくさんのアクセスありがとうございます!

さて薪ストーブ、私は歪むということも納得の上での購入でしたが
笑さんの製品に対する責任感はそれを許さなかったのでしょう。
潔くこれまで販売したロット全ての部品交換を手配されました。
笑さんのブログ関連記事はこちら→http://ameblo.jp/densetunotakibiman/entry-10767387484.html

笑さんのブログで記事を見た翌日、早々にもウチに交換部品である
3.2mmロストルと真新しい灰受け皿が届きました。

笑さんありがとう!

DPP_0022.jpg

重量がかなり重くなりましたが積載方法を変えることでGSに積込みまして
先日のキャンプで早速その効果をチェック!

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



ブログランキングを見て応援!!

一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!



最新エントリー
ブログキーワード
最近のコメント
Sponsored Link
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
シェルターハーフテント
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
SOTO フィールドホッパー
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
チタン キャンティーン
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
自作テッパン
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー
スノーピーク Myプレート

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
スノーピーク ノクターン
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパックXL
ロゴス ハイパークーラー
サーモス ソフトクーラー
ストライクフォース ファイアースターター
VARGO アルティメットファイヤースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンタ
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー