ソロキャンプツーリング ~焚火酒

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 
タグ:Zライト の記事一覧

| |

Sponsored Link

イスカ コンフィシートが逝ったので新たな座布団作ってみた

ムササビウィング 焚き火バージョンタープを導入してから
すっかり地べた派となって再びコンフィシートが重宝していたのですが
前回のツーリングで酔っ払いながらも、やけに地面が近い・・とケツが硬いなぁと思っとり
酔っ払ってるせいだと思っておりましたが、そんな訳はなく
うちのコンフィシート、とうとうパンクしちゃっておりました(´;ω;`)ブワッ


過去記事見直したら(こういう時ブログしてると思い出せて良いですね!)
うちのコンフィシートはなんと7年選手でそういう意味では十分頑張ってくれてましたね~!

一応メンテキットが付属しているので手当もしようと思ったのですが・・・。

メンテキット同梱の接着剤が長年の保管ですっかり固着^^;;;;

コンフィシート君は諦めて供養させていただくことと相成りました。。


後釜の選定には悩みましたが



Zシート はじめはこれで決まりつつあったのですが
パッキングトータルで考えると嵩が増しそうな事もありポチりきる事が出来ませんでした。。


Zシートを使うなら。。。。

前々から考えていた案を実行してみることに



DPP_0066_201612062035055c7.jpg

手持ちのZレスト レモン色を
ざっくりカット!!!!!!

ちなみにこのZレストレモンは約5年目?
良いものは持ちが違います(*´∀`*)



DPP_0067_20161206203506689.jpg


パネル4枚分の所でカットしたら地べたりアンの座布団には丁度良い感じの大きさに。

私のキャンプ座布団の使い方って薪ストキャンプを除けば
焚き火台の目の前に座ることになるわけで
その場面でエア充填式の物だと焚き火が爆ぜて細かい火種にやられる可能性も高かったし
こういったフォームタイプのモノの方が元々良かったのかもしれません。

今後はこれをチェア兼マットとしてパッキング。
マットとしてはこの短い方を頭側に使えばずれも少なく済むかな~。
就寝中思いがけずズレちゃって寝心地良くないとなったら、
ハトメ処理して着脱できるタイラップを使いましょう~。

積載用防水ダッフルバッグ オルトリーブ ラックパック(ORTLIEB RACK PACK)


フルパニアという広大な積載スペースがあってもなぜかいつも満載。
スペースがあればキャンプ道具を積んでしまう悪い?癖がなかなか取れません。

前回のキャンプツーリングでは
パッセンジャーシートに積んだJTC防水バッグの上をフリースペースとしていましたが
この方法では荒天の場合、上積みする荷物にわざわざ防水対策を施すなどしなければなりませんでした。

通常、万能フリースペースとして使われるトップケースですが私の場合では
カメラ機材の定位置となっておりこの部分を使うわけには行きません。
左パニアはマフラー熱の影響があり必然的に右パニアの有効利用が思い浮かびます。

ただ容量の大きい右パニアを空きスペースとしておくのはパッキング面でだいぶ不利になってしまいます。

DPP_f0969.jpg
そこでその容量を補うべく用意したのが、オルトリーブ ラックパック XLというわけですね。

防水ダッフル系のバッグはバイク用品系以外にも
ノースフェイス、パシフィックアウトドアなどから出ていますが
機能性を突き詰めるとオルトリーブに行き当たりました。

パッセンジャーシート上に追加上積みする余裕があるということなら
最初からそのスペースに積んでおきその分パニアを空けておけば
旅の経過で目に見える(手間のかかる)積荷の追加、移動等を軽減することが出来ると考えました。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



サーマレスト Zライト その後 & コヨーテ色 入手!

自身二枚目のサーマレストZライトが届きました、
やはり言いだしっぺですのでこうなる運命には抗うことは出来ないようです。。。

Zライトを好んで持ち出している理由などは前記事をご参考に

今回は新たにコヨーテ色を入手したことにより
2年前に購入してから使い倒しているレモンのZライトのその後がハッキリと見えてきましたので
その部分を記事にしようと思っております。


DPP_g0601.jpg

パッキング例。

仕舞い姿は確かに大きいんですが
私は上の画像通り、ダッフルバッグの底敷としてパッキングする機会が多いですね。
完全に畳んだ状態から半分戻して広げバッグの底に収めます。
こうすることでフィールドローチェアーの金属部分によるバッグへの干渉ダメージを防ぎ
バッグの型くずれ防止の型にもなります。

濡れても壊れたりするわけではないので剥き出しで積むのも有りかもしれませんが
マットの凹凸部分に水が入ってしまうと構造上拭き取りが厄介なので
個人的には雨に濡らしながら走るのは避けたいところですね~。


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



サーマレスト クローズドセルマットレス

ぶらぶらしていたら愛用しているサーマレストに別色が出ている事に気がつく。

THERMAREST(サーマレスト) Zライト
THERMAREST(サーマレスト) Zライト

今メインのマットとして使っているレモン色のZライトはこれだけ使ってもへたってくる様子が全然なく
当然不満も皆無で買い換える要素なんて全くないんですが
今季のタンデムキャンプツーリングのための買い増しなら・・・
そこまでの理由をこじつけて欲しいのかというと・・・ この色なかなか素敵で正直欲しいです(自爆)




買うならアマゾンのほうが安いか・・・。
THERMAREST(サーマレスト) Zライト コヨーテブラウン R 30302



でも同じ物を買うのも芸が無いのでいっその事普通の巻き式である
サーマレスト リッジレストの方にしてみようかと(すでに購入前提?!w;)
色々物色してみると・・・

リッジレストはやはり収納サイズがバイクキャンツー用途では許容オーバーな予感。



収納サイズはこちらのブログ記事が非常に参考になりありがとうございました! 
http://shin5807.naturum.ne.jp/e1279554.html





んーでも、リッジレスト ソーラー? ソーライト?
何が違うの?とカスケードデザインのカタログをPDFで見てみたら

Zライトにアルミ蒸着シートで保温力がアップした Zライト ソルなる物が出ているのを見てしまった。。。




さて・・・どうしましょう(汗)

ソルとノーマルのコヨーテ逝く? (大汗)

Tag : Zライト 

雪壁と日本三大桜キャンプツーリング 4/24

4月24日 いつもの通り夜勤明けですが
そろそろ満開だと聞いた日本三大桜の一つ三春の滝桜
今月冬季通行止めの解除をされたばかりの磐梯吾妻スカイラインに行ってまいりました

三春の滝桜は桜とともにそれを目当てに沢山の方が訪れる事による道路渋滞も有名な名所ですね。

普段であれば自宅から近いところから回っていきますが
今回は滝桜の渋滞を少しでも避けるため早朝拝観する予定!

(とまぁ皆さん同じことを考えるよう朝7時前に着いたにも関わらず
ここに向かうメインの道路は大渋滞中でした^^;)

一日目は磐梯吾妻スカイラインを走ったあとそのままキャンプ泊し
二日目日の出とともに撤収、三春町に向かいます。


夜勤明けだけど天気もよく超々快走!
東北道も休まず北上、福島西インターから磐梯吾妻スカイラインへ

DPP_f0683.jpg

これからあの雪化粧のところに行きますよ!

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


こもれびキャンプの積載

バイクにメガホーンⅡ、ダッチオーブン、コット、ジャバラマット、リクライニングチェア、デジイチなどの
大物を積んでいった先日のキャンプの積載内容です。

DPP_f0517.jpg

普段は青い防水バッグ上に買出しの段ボール箱を重ね積むなどして
キャンプ場までに買出しを済ませますが
さすがに今回は買出しまでを積む勇気はありませんでした。
(やろうと思えばZライトとクラウザーK5の高さがあってたので上に行こうかとも思いましたが・・。)

タンクバッグ内には MSRの燃料タンクに入れた予備の灯油、雨具
JTCの青い防水バッグ内には フィールドローチェアー、メガホーンⅡ、
ペグ、ハンマー、ステン8インチダッチオーブン
バッグ上にZライトを括りつけ
クラウザーK5内には デジイチ、三脚、等を入れています。
その他は・・・

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


サーマレスト Zライト レギュラー

個人が一般的に使用するキャンプマットの「正常進化」は
銀マット(折り畳みマット) → ホムセンインフレーターマット → ブランド物インフレーターやエアーマット
寝心地と収納サイズのバランス、耐久性などを突き詰めていくと
このあたりの道具沼を進むのが定番だと思います。

たまーに超軽量コットとか変な路線に脱線する人もいますけどねw

しかし!! 私はここにきて原点回帰というか収納性を捨てて使い勝手に走ってみました!!!

DPP_f0235.jpg


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。
約32万件ものブログが集まっている健全なランキングサイトです。


R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

ツーリング主体のキャンプツーリング装備考察

記事を書き始めるにあたって、有る程度道具への目星は付いていますが
今回の選択はさすがに誤っている気がしてなりません・・・。

現在、私がメインで使っているキャンプツーリング装備の大部分は
快適性、居住性を最重視しており
その性能をバイクで持ち込むための収納性を考えて選んだ道具が多いです。

快適でコンパクトにするにはその分使用毎の手間に転化されますね。
一つ一つの手間は大したことが無くてもコット、ストーブ、チェア、テーブルにと道具が増えると
設営にはそれなりの時間がかかってしまいます。

とりあえずキャンプで特に設営に時間が掛るテント、マットについて
今回新たな物欲を模索してみました。

テントについてkivaでも充分スピーディな設営は可能なのですが
他の道具も含めた総合的な設営時間、夜間設営、移動での疲れなどから
先の東北ツーのように移動主体のキャンプで有る場合は
やはり普通のダブルウォールテントに落ち着くだろうという事で
ひとまずはダブルウォールテントの中から選んでみました。

走り倒して疲れている時に蚊対策までは考えたくないですもんね^^;

動画へのリンクがあるので続きは追記にて

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。
約32万件ものブログが集まっている健全なランキングサイトです。


R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

ブログランキングを見て応援!!

一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!



最新エントリー
最近のコメント
ブログキーワード
Sponsored Link
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパックXL
ロゴス ハイパークーラー
ストライクフォース ファイアースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンタ
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー