ソロキャンプツーリング ~焚火酒

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 
カテゴリ:ランタン・ヘッドライト 灯器系 の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

Sponsored Link

スノーピーク ノクターン買ったので110のガス缶も仕込んでみた

今までネット通販では売り切れだらけでまったく購入ができなかったスノーピーク ノクターンですが
少し前にようやく各店舗で販売再開となり、
実物は隙間サイズでパッキングにも影響しなさそうだしとりあえずポチっておきました!

DPP_0204.jpg
ノクターンには110缶の方が映えるとうことで110缶も併せて仕込んだよっと!
いままで500缶と250缶は持っていたけど110は使ったことありませんでした




点灯画像はあちこちで見られるのでとりあえずガス缶の違いでの見た目の差でも。

DPP_0205.jpg

DPP_0206.jpg
やはり110缶の方が収まりがいいかな?!

G-ランプ スプレッド STG-28

※ノクターンがなかなか手に入らなくて悔しいので手持ちの道具を発掘してみた・・・。

なんと9年も前にランプ機能を持ったランタンという兼用の道具をすでに持っていたんですねぇ。。。、

ちょっと使ってみたらいまだ現役でありました!

なにげにカセットコンロのガスを補充して使えるなど使い勝手が良かったりするんですよね^^









久しぶりにキャンプ用品をポチっとしてしまいました!
その存在はキャンプで友人が持っていたのを見て知っていたのですが
こう改めて手にしてみると、実物は本当にコンパクトですね!

ソロキャンプツーリングではランタンは必要ないと思っていたのですが
これだけコンパクト&使い勝手が良好なら良いかなと・・。

2007_1011blog0001.jpg

コンパクトですが、キャンプツーリングや
ファミリーキャンプでもテーブルランタンとしてなら充分使えそうな光量ですね。
リフレクターの後ろには蚊取りマットを挟む金具が付いています。

燃料は私がメインで利用しているカセットガスを使えるので
新たにガス缶の種類が増えることもないし非常に便利でお手軽です。

しかしこれからの時期など、10℃以下の環境ではカセットガスは気化しにくくなるので
寒い時期だけはシングルバーナー共々パワーガスを利用するか
ちょっと嵩張りますがホワイトガソリンの器具を持ち込むかになりますね。

2007_1011blog0003.jpg

2007_1011blog0004.jpg

収納はこれでランタン?!と思うぐらいの小ささです。
コールマンのソフトケースの中身はガソリンランタンでは最小の部類に入る
コールマン エクスポーネントデュアルフューエルフェザーランタンですが
これと比較するとかなりのコンパクトさが実感できますね。

2007_1011blog0002.jpg

G-ランプのマントルは友人からも弱いと聞いていましたが
ほんとですね・・。
試しに満燃料一回分燃焼させてみた所、もう頭の部分が破れています(笑)
この状態でも燃焼にはあまり影響はないみたいですが
このままパッキングしたら次に開梱した際には間違いなく粉々!
プラケースの中で粉々になると掃除が面倒なので
パッキングするときには自らマントルを外してしまったほうがいいかもしれません。
このランタンの場合、マントルは一回限りの消耗品と割り切った方がいいようですね。
しかしコンパクトさが突出しているのでこれからの活躍に期待したいと思っています。

記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!


ジェントスヘッドライトの実力! デルタピークDPX-143H

電池式ランタンといえばジェントスのエクスプローラーシリーズが
最早、定番と言っても差し支えのない状況ですね。

ヘッデンについては手持ちのペツルティカXPに不満がなかったのもあり
いくらジェントスのLEDが評判の良いものであってもあえて購入しようとは思い至りませんでした。

はじめてティカXPを使用したときは、こんなに明るいのか!と驚いたものですが
デルタピークで再びそう思う結果になろうとは・・・。
ちなみに私の手持ちのティカは現行のXP2では無く前機種のXPですのでご注意下さい。

PETZL(ペツル) ティカXP2
PETZL(ペツル) ティカXP2


2機種を比べてティカにしかない機能、
バッテリーインジケーターは地味だけど結構便利な機能です。
キャンツー用途ではインジケーターの変化を見てから電池を用意すれば
十分間に合うので無駄がありません。

それと軽さも魅力ですね!

ただジェントスの倍近い価格が・・・。

GENTOS(ジェントス) デルタピーク DPX-143H
GENTOS(ジェントス) デルタピーク DPX-143H


デルタピークにしかない機能といえば
スムースデイマー(無段階調光)と非接触スイッチセンサーですが
調光はボタン押しで簡単に3段階調光できるぐらいで丁度良いですね^^;
頭に付けた不安定な状態でボタンを長押し調整するのは案外煩わしいものです。

非接触スイッチもそれ自体は便利な機能ですが
非接触スイッチモードと通常スイッチが機能上分かれていることで
通常スイッチで点灯後に手が汚れるっていうケースは多いと思うのですが
非接触モードを使うときは予めそちら側のスイッチで点灯させておかねばならないのが
微妙なところだったりします。

オプション的には微妙な感の漂うジェントスですが
照らすというヘッドライトの基幹機能に関しては間違いなし!

DPP_f0780.jpg

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


ジェントスヘッドライト デルタピーク DPX-143H 外観チェック編

先日ポチっとしていた物が届きましたー!
といいますか数日前に届いてたんですが蒸し暑さでレポを上げる気にならず!

んー、こう暑いとビールは旨いんですけどねぇ(笑)

DPP_f0775.jpg

ソックオンサンダル
ジェントスヘッドライトのデルタピーク
ロゴスのハイパークーラーですね。
何を思ったか赤にしてしまいました。

懲りずに道具レポ逝きます。
まずは脱ペツルを期待して購入してみたデルタピークの外観チェックから!

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。




記事を書く準備をしていたら見つけてしまいました・・・。
限定150個の激安品!(7/2 12:20現在で残り109個でした)
この形のランタンは837NXというものにモデルチェンジしており
747SRはカタログ落ち品ですが小さいナリでも光量は十分。
だけど私が買った時の半額ですわ・・・。

747SRの記事は 747SRタグからどうぞ

ジェントス LEDランタン EX-757MS EX-777XP EX-747SR 点灯比較

前回、747SRと547SRを購入した際にも点灯比較を上げましたが
同じ方法で今度は757MSの比較をしてみました。

本体の大きさ等に関しての比較レポートはこちらに→http://1200gs.blog90.fc2.com/blog-entry-748.html
なお今回はより条件を近づけるために
777XPの電池は単一スペーサーを使った単三エネループを使用しています。
すべての画像は SS1秒 ISO400 絞り5.0 での撮影です。

DPP_f0434.jpg
757MSと777XPを並べてみました。
777のカットが入ったホヤに対して757は減光せずそのままなので光源が強く見えます。


続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


ジェントス EX-757MS 速攻レビュー 777XP 747SRとの比較版

ジェントスのEX-757MSが届いたので早速画像をアップしておきます。
記事についてはあまり時間が無いのでひとまず草稿バージョンにて失礼をば・・。

DPP_f0414.jpg

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

ジェントス LEDランタン EX-747SR EX-547SR EX-777XP & SF LEDミニランタン 比較 訂正版

先の記事のLEDランタン3種(EX-747SR EX-547SR EX-777XP)、
比較ついでにLED技術の進歩を見るべく?!
数年前出た当時はかなり評判の良かった
サウスフィールド(同製品がロゴスなどからも出てました。)の
LEDミニランタンの夜間の点灯比較をしてみました~。

撮った画像はすべて同じ撮影設定で撮影しています。
数パターンのシャッタースピードで撮り比べて
出来上がりが一番現実の見た目に近かったSSでの画像です。

数日前に一度上げた記事ですが
その時のEX-777XPの電池が不注意で半分消耗している電池での撮影だったので
新品の電池に交換して再度アップしています。

本体の大きさ比較等は前記事に記載しています。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。
約32万件ものブログが集まっている健全なランキングサイトです。


R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

ジェントス LEDランタン EX-747SR EX-547SR EX-777XP & SF LEDミニランタン 比較

すいません!
1時間ほど公開していたタイトルの記事の777XP画像ですが
こういう記事の御約束事の新電池に入れ替えることを忘れており
半分ほど消費した電池での画像を公開しておりました・・・。

EX-747SRとEX-547SRの画像には問題ありませんが
後ほど777XPの画像はしっかりと撮り直してもう一度アップさせて頂きます。
不注意で誤解を招きかねない記事をアップしてしまい申し訳ありませんでした。

ジェントス LEDランタン EX-747SR EX-547SR ファーストインプレッション & EX-777XP 比較

先日ポチっていたジェントス LEDランタン EX-747SRとEX-547SRが届きました~。

DPP_f0098.jpg
暖色系約1.5wLED採用のEX-737NXと見た目がほぼ同じですが
EX-747SRは約3wの白色系LEDを採用し、
737NXの36ルーメンに対し747SRでは86ルーメンと出力が増強されています。

同じ大きさでこれほどの性能差があるのに737NXの方が人気なのは
737NXが暖色系LEDなのもありますが
747SRの値段が高かった点に尽きますね。
(参考までにナチュでは今でも777XPの方が安いですね^^;)

777XPを持っているのでそれよりかなり弱い光の737NXにはどうにも手が伸びず
買うなら747SRと考えていましたが小さい奴が777XPより高くちゃ買えんでしょ・・・!

ところが最近になってようやく値段が落ちついてきたので
記事の為にもポチっと行っときました。

EX-547SRはかなり安いのでついでに・・・(笑)
両方ともかなりコンパクトです。
二つ持ってってもそう負担にはならなそうなので
キャンプでは747SRをソロテーブルの照明用、
547SRは参天のポールに付けておいてテント内の常夜灯に使えるかなぁと思っています。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。
約32万件ものブログが集まっている健全なランキングサイトです。


R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です

ジェントス LEDランタン エクスプローラープロフェッショナル EX777XP その1

どうやら結構な人気があるようで某通販サイトでは一時、納期三か月となっていて
秋からの快適キャンプシーズン前にはなんとか入手できるかな?と思っていました。

GWに続きアウトドア用品の需要があるであろうこの時期に間に合わせるためのメーカー努力でしょうか。
思っていたより早く手に入ってしまいました。

2008_0810blog0004.jpg
バイクで持っていくにはちょっと大きいかな。
しかし単一電池×3本使用ということで想像していた大きさよりは小柄ですね。

2008_0810blog0005.jpg
ホヤを外す事が出来、本体底に付いているフックでテント内に吊り下げて使用できます。
ホヤの影が出来ないのでテント内を万遍なく灯すことができそうです。


ここから先の条件はコンデジだと捉えにくいのでカメラを持ちかえて撮影!
IMG_1236.jpg
単一スペーサーをかませたエネループ単三×3 で7時間連続運用後の画像
シャッタースピードの設定はオートでカメラ任せです。

IMG_1230.jpg
同じく単一スペーサーをかませたエネループ単三×3 で7時間連続運用後の画像
シャッタースピードの設定はオートでカメラ任せです。
光量が少ないのでより多くの光を取り込むためか
ISO800と高感度でシャッタースピードは1/13 秒とかなり遅めに設定されました。

IMG_1244.jpg
比較のためマニュアルにして上と同じカメラ設定(シャッタースピード 1/13 秒 ISO800)で
満タンの電池に交換して再度撮影。
この光量でこのSS設定だと取り込む光が多くなりすぎてかなり大げさな写真になってしまいました。

しかし単三だと7時間でずいぶん光量が落ちるようですね。
落ちた光量でも実用の範囲内に思いますが
単三電池で運用した場合は一晩ごとの電池交換が無難ですかね~。

IMG_1250.jpg
明るい部屋のテーブル下で電池交換直後のEX-777XPを
複数条件のシャッタースピードで撮った画像の中から
一番現実の見た目に近い物(SS 1/40 秒)を選びました。
時間の経過による光量変化の差はこの画像と比較するとわかりやすいですね。

これ以外の画像は別館のネタにちょうどいいので
露出時間での写真の明るさ比較としてアップ予定!

光源は直視するのが難しいほどの光量を持っています。
さすがにファミキャンのサイト全体を照らすメインランタンとは成りえませんが
テント内やテーブルなどで使う光源としては何の不満もない出来栄えですね!

手持ちのランタンの選択で
本格的ランタンで雰囲気重視、大きいけどその分明るいコールマン フェザーランタン



小さいのにしっかりした光だけど
点灯したままテント内から外に行く時などに気を使ってしまうG-ランプ スプレッド


光量が不足しつつも手軽さでサウスフィールドのミニLEDランタン


手軽に使えつつ光量も充分だけどちょっと大きいエクスプローラー


持ち出すのに迷いそう・・・。
あ、ナショナルのワイドパワーLEDマイクロランタンなんてのも持ってたような気が。

でもキャンプツーリングではヘッドランプがあればランタンは無くてもなんとかなるのも事実(笑)

手持ちのランタンとの点灯比較はその2に続きます。


記事を読み終えたら・・→【バイクブログ ランキング】←ポチッと応援お願いします!

R1200GSとキャンプツーリング雑記 別館
R1200GS~ ツーリングフォトグラフ http://r1200gsphotograph.blog46.fc2.com/ も更新中です
ブログランキングを見て応援!!

一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!



最新エントリー
ブログキーワード
最近のコメント
Sponsored Link
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
シェルターハーフテント
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
SOTO フィールドホッパー
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
チタン キャンティーン
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
自作テッパン
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー
スノーピーク Myプレート

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
スノーピーク ノクターン
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパックXL
ロゴス ハイパークーラー
サーモス ソフトクーラー
ストライクフォース ファイアースターター
VARGO アルティメットファイヤースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンタ
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー