ソロキャンプツーリング ~焚火酒

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 
カテゴリ:その他 便利道具系 の記事一覧

| | 古い記事一覧へ≫

Sponsored Link

ロゴス ハイパークーラーとサーモス ソフトクーラー15L 比較

いつでも、つめたく冷えたおビールを頂くために
これからの時期、クーラーバッグは必携アイテムでありますね!

ただ積載に限りがあるバイクなのでやはりコンパクト性能は無視できない要素であり
保冷力で選ぶなら釣り用のハードケースなんかが良いんですがとても積めませんね^^;

コンパクト性を重視して今まではロゴス ハイパークーラーを愛用していました。
(現状は名前を替えてハイパー氷点下クーラーになっているようですね)

DPP_0254.jpg

ハイパークーラーではちょっと内容量が少なく(500ml缶6本と保冷氷入れると食材まではほとんど入らず^^;)、
パニアを替えたらパニアケースへの収まりもいまいち悪くなったので
代替としてサーモス ソフトクーラーも購入してみました。

左がロゴス ハイパークーラー 右がサーモス ソフトクーラー15L
ハイパークーラーは容量約12L サーモスは15Lです。

続きは↓の続きを読むからどうぞ
一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



6年ぶりにコーヒーツー&ラーツー用の持ち出しセットを再考察する

ちょっとまだ出来上がっていないので今回は画像なしでスミマセンm(_ _)m

以前組み立てたコーヒーツーセット。

もうかれこれ6年も使い続けて来ましたが今回、久々に見惚れた道具を手に入れてしまい
もう一度、一からコーヒーツー、ラーツーセットを組み立て直すことに!!!



今はですね、ポーチのちっさいポケットに何入れる??ってのが
最大のテーマであり悩みであり楽しみであるわけですが

その一環でカエルの卵みたいな飲み物を飲むことになったわけですよ!
↓こんなん


スーパーフードっていうんだって

あ、あぁなんか脱線しましたが後はゴトクをどうするか?まで詰めてるんですが
これは結局無難なやつになりそうだなぁ・・・。

組んだら再び記事あげまーす(;´∀`)

今更ながら ほったらかし自動炊飯システム 導入してみた

大げさなタイトルにしちゃいましたが
新規導入アイテムは以下のモノ。


IMG_20161116_105052.jpg

風防、ポケットストーブ、ライターの3点セット。

メスティン、フィールドホッパーは既存品です~。



どうにも毎回ソロキャンプなのに作りすぎちゃう傾向で・・・。

そんな事ならクッカーをコンパクト化すれば自ずと

作りすぎ削減→買い出し費用削減→積載コンパクト化

おお!良いことづくめじゃん!!!

ということでソロクッカーシステムの見直しを図ってみたわけであります。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



ハイパークーラー その後

先日ハイパークーラーを使う機会があったので軽くレポ。
レポと言っても温度計測して細かくアップしているわけではないので悪しからず・・・。


私が実際想定している使用場面は
買出し地からキャンプ地までの運搬(積載荷物上に括りつけ、風は通るが直射日光を受ける)及び
キャンプ地での設営後、テント前室もしくはタープ下などでの日陰環境であり
今回は晴天炎天下の4輪、車内(足元)に約5時間置いていた状況なので状況がだいぶ異なりますが
ソフトクーラーの割には(正直、ハードクーラーのような保冷能力は全く期待していなかった^^;)
案外頑張っているなぁといった印象であります。


ロゴス(LOGOS) 氷点下パックGT-16度
ロゴス(LOGOS) 氷点下パックGT-16度

この氷点下パックを
ハイパークーラーにひとつ入れて
ペットボトル飲料を保冷してみました。






ハイパークーラーに氷点下パックと飲料を入れて(午前3時頃)からドライブ開始。
約6時間後(午前9時)にまだまだ冷え冷えのペットボトルを確認後、
エンジンを切り午後二時まで約五時間放置。

結果的には炎天下(一般的に窓を閉めた車内足元は40~45度くらいになるらしいですね)
5時間放置で氷点下パックはやはり完全に溶けていましたが
飲み物の方はまだ車内温度ほど上がらず常温やや下くらいでなんとか普通に飲める程度の温度でありました。

氷点下パックではなくスーパーの無料氷でどこまで持つかはまた試してみないとなりませんが
保温は一泊、買出し後の夕方から夜までというキャンプツー用途でなら
出掛ける先の気温などの状況によりだいぶ異なるとは思いますがなんとか対応可能ではないでしょうかねー。

気になる本体外部の結露も殆どありませんでした。
ただその分見えない内側で結露が発生している可能性が拭い切れないので
使用後の乾燥は徹底したほうが良いように思われます。

こう気を使うなら今まで通り使い終わったら焚き火などで処分できる
ダンボール+氷の即席クーラーボックスでもいい気がしますが・・・

冷え冷えのアルコールのためには・・・まぁそれは言わない約束で(笑)

また実際のキャンプ中の使用感ですが
気温、日陰、日向などの環境、保冷剤の質などの条件にもよりますが
概ね(幕の前室などに日陰置き、食材買い出し時に一緒に買ったペットボトル氷結飲料&無料氷で保冷)、
ビールの保冷は問題なし。翌朝までの食材の最低限の保冷もなんとか対応可能ですかね~。



一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


積載用防水ダッフルバッグ オルトリーブ ラックパック(ORTLIEB RACK PACK)


フルパニアという広大な積載スペースがあってもなぜかいつも満載。
スペースがあればキャンプ道具を積んでしまう悪い?癖がなかなか取れません。

前回のキャンプツーリングでは
パッセンジャーシートに積んだJTC防水バッグの上をフリースペースとしていましたが
この方法では荒天の場合、上積みする荷物にわざわざ防水対策を施すなどしなければなりませんでした。

通常、万能フリースペースとして使われるトップケースですが私の場合では
カメラ機材の定位置となっておりこの部分を使うわけには行きません。
左パニアはマフラー熱の影響があり必然的に右パニアの有効利用が思い浮かびます。

ただ容量の大きい右パニアを空きスペースとしておくのはパッキング面でだいぶ不利になってしまいます。

DPP_f0969.jpg
そこでその容量を補うべく用意したのが、オルトリーブ ラックパック XLというわけですね。

防水ダッフル系のバッグはバイク用品系以外にも
ノースフェイス、パシフィックアウトドアなどから出ていますが
機能性を突き詰めるとオルトリーブに行き当たりました。

パッセンジャーシート上に追加上積みする余裕があるということなら
最初からそのスペースに積んでおきその分パニアを空けておけば
旅の経過で目に見える(手間のかかる)積荷の追加、移動等を軽減することが出来ると考えました。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



スノーピーク スクー

先日、何気なしに2012の新製品が発表されたスノーピークのHPを眺めていると・・・



気になる(というか気になっていた機能が入った)先割れスプーンが・・・・!

普段だったら幕とかの大物を見てチェック終了なんですが
LAGOからの流れで山用品に力入れているなぁなんて
ホント偶然リンクを開いたのがキッカケでしたなぁ。


先割れスプーンだけ頼むのもなぁ、
なんてついつい余計な物まで頼んでしまいましたが・・・・。


DPP_g0484.jpg



やっと飯炊きスケール入手だーー!!

ってそっちの喜びが大きくて最初は気が付かなかったんですが



ふと考えるとダンボール箱が異常に小さいことに気がついた。



発注したものは・・・・




スクー


ディバッグ



そして椅子。



どう考えても箱とのサイズ感がマッチしません^^;

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



エネループ モバイルブースター KBC-L2BS

ホームセンターや家電量販店の店頭で見てその存在を知っていましたが
意外と高価だったために便利そうだなぁと思いつつも
実際に購入することは無かったモバイルバッテリー。

少々アップグレードした新商品が出てきたからか
旧製品が安く出ており思わずポチっとイッときました!

確かホムセンとかで見たのは3980だったか4980だったと思うんですが
それが2000円程度で買えるんだったらお得ですよね~?!

電池消費の激しいスマホの補助電源、外回りの営業なのに携帯の充電を忘れてしまった時、
バイクだったら充電式Bluetoothインカムの充電
(インカムは走行中に充電が難しいけど、これなら降りてから継ぎ足し充電できますね)
I podの充電などなど・・・。

とりあえずカバンに入れておいて損は無い道具ですな~。


DPP_g0462.jpg

SANYO エネループ モバイルブースター KBC-L2BS

モバイルブースターに充電するACアダプタも軽くてコンパクト!
ただモバイルブースターの充電に掛かる時間を考えると
いくらコンパクトとはいえACを外に持ちだして出先で充電、とかまではあんまり機会がないかも・・・。

私の持ち出し用セットとして100均で用意したケースと同じく100均のUSB→FOMA充電端子を一緒にしています。


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



着火剤 ロゴス 防水ファイアーライター


焚き火の準備に着火剤が無くとも
落ち葉や小枝、新聞紙などで火は熾すことが出来ますが
例えば新聞を使うと火の粉の量が半端無かったり
燃焼時間も短く火種が安定するまで意識はほぼ100%コンロにと付きっきりの作業になりがちですね。

自分は前から尾上のハイチャッカーという着火剤を愛用していましたが
一度火が付けば安定して数分間燃焼が続くので
薪や炭で熱がこもるように火床を作り着火剤に火をつけた後はほぼ手間いらずと
着火剤は一度使うと手放せない消耗品となります^^

ただ火を着けるだけの道具ですから
火が付けばいい、なんてどれも一緒に思ってましたが
数種類の物を使ってみるとその使用感って結構違ってくるもので。。


DPP_g0218.jpg

右が今回購入してみたファイアーライター
左は某ホムセンでハイチャッカーと見た目がほとんど一緒なのに
半額だったので買ってみたキャプスタの着火剤。

安いものには理由があるといいますか
キャプスタの着火剤はライターの火がなかなか回らないことがあり
しまいには瀕雑操作でライターがつかなくなったりとちょっとイラッとする場面もありました。


着火剤に着火剤への着火性を求める・・・なーんて滑稽な感じがしますが
今度用意してみたファイアーライターにはそのあたりへの期待もかかっておりますよ~。

あの時素直にハイチャッカーを買っていればこの記事を挙げることは無かったかもしれませんが
買うからには当然、ハイチャッカー以上の使い勝手を期待しております!


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



Ultimate Survival ストライクフォース ファイヤースターター

昨日、一日で5000PV頂きありがとうございました!

はてさてキャンプは勿論、コーヒーツーリング、ラーツーなどで愛用しているトランギアのアルコールバーナー。

決して火力は強いとは言えないし、風にも弱い。
でもなぜかとても愛着が湧き易い素敵な道具なのであります。

故障知らずのサバイバル道具的なワイルド感が男心をくすぐるし
超シンプルな形状、買ってきたままでは鍋も乗せられないシステムゆえ
自分なりの使い方を工夫しなければならないのもその理由なのでしょうかね^^


そんなアルコールバーナーとの付き合いを
より楽しくしてくれそうな小道具を見つけたので試しに購入してみましたよ!

DPP_g0201.jpg

アルティメットサバイバル社製 ストライクフォース

現代版火打石と言ったところでしょうか。

本来はアルコールバーナーの着火用ではなく、
あくまで焚き火や着火剤へのファイヤースターターですが(^^;)

Ultimate Survival(アルティメイト サバイバル) ストライクフォース ファイヤースターター
Ultimate Survival(アルティメイト サバイバル) ストライクフォース ファイヤースターター







続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


MSR Hubba Hubba & Hilleberg Allak into the mont-bell compression-bag 

モンベル コンプレッションスタッフバッグSが届いたので
手持ちのヒルバーグアラック用であるMサイズと合わせて比較をレポートします。

Sサイズはハバハバを圧縮収納するために用意しました。

DPP_g0110.jpg

DPP_g0111.jpg
※実寸での元のサイズ
写真左のMSRハバハバ 約 51cm × 径約16cm
ポール袋 約43cm

右のアラック 約51cm × 径約21cm
ポール袋 約43cm

両方とも一見するとデカイのですが
純正の収納袋は多くの国内メーカーテントと違いかなり緩めに作られており
手で軽く抑えこむだけでも3分の1以下ぐらいの大きさに圧縮することが出来ます。

またフレームに関して
以前所有していたアライテント トレックライズ2のポールは40cm以下に畳むことが出来
本体の小ささと相まってライトパッキングに大きく寄与していましたが
アラック、ハバハバともなんとか横向きでパニアに入る収納長で抑えられており
ライトパッキングという考え方に基づいたとしても十分使用に耐えうる選択だと考えます。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


ブログランキングを見て応援!!

一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!



最新エントリー
最近のコメント
ブログキーワード
Sponsored Link
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
シェルターハーフテント
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
チタン キャンティーン
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
自作テッパン
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー
スノーピーク Myプレート

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
スノーピーク ノクターン
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパックXL
ロゴス ハイパークーラー
サーモス ソフトクーラー
ストライクフォース ファイアースターター
VARGO アルティメットファイヤースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンタ
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー