ソロキャンプツーリング ~焚火酒

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 

ステッチャー 買ってみた

買い物に出かけたジョイフルホンダで
たまたま安く売っているのを見かけたので買ってみました、ステッチャー。
見た目はマイヤーズとほぼ同じに見えるけど
扱い先で商品名が変わるのかな?1600円ぐらいだったので即決です。

とりあえずちょっと縫ってみましたが

画像? 今は勘弁です・・・orz

製品画像なら出せますが縫い目は無理っすわ(汗)

私にゃ裁縫のセンスはないようで(笑)

普通にもうちょっと練習が必要です。



※追記

天の声 『画像も無くて何がインプレか~!(怒!)』

DPP_f0525.jpg

すいませーん、慌てて準備させて頂きました(-_-;)

前に張った記事内のナチュラムのリンクは売り切れですね。
私はジョイフル本田で買いましたが
手芸店、じゃちょっと弱いか・・・
革細工材料を扱っている店であれば普通に売っていそうな雰囲気ですね、これ。

お試しでは古タオルを雑巾にするべくやりましたが
縫い目のオモテ面は真っすぐになるのですが
下糸側(裏面)をまっすぐ縫っていくのがちょっと難しいです。
それにしてもこの年になって手芸関係のHPを調べることになるとは思わなんだ(笑)

構想 
メガホーン煙突ポート加工
快速の別売りポートは伝伍にポン付けとあるのでおそらくマジックテープ式?

メガホーンにポートと同じサイズの穴あけ
+切り取り面の補強を兼ねた受け側マジックテープ縫い付けをステッチャーにて。
さらに裏面をシームテープ加工

切り取ったメガホーン幕体の一部は
タイベックか別に用意したテント生地を一回り大き目な裏地にし
外周にマジックテープをミシンで縫い付けてこっちもシームテープ加工
そしてポートとポートなしを取替可能にする

とまぁこんな感じで5000円位で加工するつもりで考えていますが果たしてそううまく行くでしょうか^^;
今年はもう慌てる必要が無いので一年越しで頑張ってみようと思います(笑)

こもれびキャンプの積載

バイクにメガホーンⅡ、ダッチオーブン、コット、ジャバラマット、リクライニングチェア、デジイチなどの
大物を積んでいった先日のキャンプの積載内容です。

DPP_f0517.jpg

普段は青い防水バッグ上に買出しの段ボール箱を重ね積むなどして
キャンプ場までに買出しを済ませますが
さすがに今回は買出しまでを積む勇気はありませんでした。
(やろうと思えばZライトとクラウザーK5の高さがあってたので上に行こうかとも思いましたが・・。)

タンクバッグ内には MSRの燃料タンクに入れた予備の灯油、雨具
JTCの青い防水バッグ内には フィールドローチェアー、メガホーンⅡ、
ペグ、ハンマー、ステン8インチダッチオーブン
バッグ上にZライトを括りつけ
クラウザーK5内には デジイチ、三脚、等を入れています。
その他は・・・

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


1月23日~24日 こもれび六斗の森

1月23日~24日 こもれび六斗の森
前日までにパッキング、準備は終了!
あとはどこに行こうかな~って所でしたが
明け土曜日の仕事が思ったより遅くなってしまったため
より近場でまったりキャンプといく事に。

DPP_f0508.jpg
ここだけゆっくり時間が流れているようですね。

冬場は走りより野外飯、酒!ということでキャンプを楽しみに行くんで
中型シェルター、コット、ダッチオーブンに暖房用ケロシンストーブと結局過去最大級の積載量!

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


こもれびキャンプ

23~24日と近場で一泊してきました。
青野原あたりを考えていたのですが土曜日の帰宅が遅れてしまったため
いつものこもれびの森へ。

DPP_f0500.jpg

積載量というか積載内容がおそらく過去最大
その分キャンプをしっかり楽しんできましたよ~。
日中はビールがちょうど美味い気温で快適キャンプとなりました。

これから夜勤なので詳しくは後ほど。

今年の冬は何かがおかしい・・・

気がついたら2007年1月20日のブログ開設から丸3年が経過していました!

今年の冬は何かがおかしいのです。

冬場のアクセス数はそれまでと比べると半分位になるのがここ2年の傾向でしたが

今年は数字に殆ど変化なし(汗)


検索サイト経由での初回来訪者さんは時期的に確実に減っているので

そう考えるとこの時期にも関わらずリピートして頂いている人数は増えている、ということ?!

さみー、さみー 言いながら実は楽しんでいるそこの人!

うん、真冬にバイクとかキャンプネタがお好みとはワタクシも皆さんもドM?お好きですねぇ(ニヤリ)

さ、ワタクシも明日こそは今年初出撃といきまっせー!

これがあれば自分で煙突ポート加工もできちゃう? マイヤーズステッチャー

以前から煙突ポート加工を考えつつも加工賃に尻込み。
なんとか自分で取り付け加工出来ないものかと調べていたたら使えそうなものが見つかりました。

A&F COUNTRY(エイアンドエフカントリー) マイヤーズステッチャー
A&F COUNTRY(エイアンドエフカントリー) マイヤーズステッチャー

10センチ縫うのに1時間?くらいの手間と時間が掛かるようですが
手縫いミシン?みたいな感覚で
厚い布地でも結構綺麗に縫いこむことができるようです。
ポート加工以外にも普通にテント補修やループの補強、ハンドメイドの革細工づくり
積載ベルトの加工、バッグ類の修理等々、多用途に活躍してくれそうな予感。


A&F COUNTRY(エイアンドエフカントリー) スピーディーステッチャー キット
A&F COUNTRY(エイアンドエフカントリー) スピーディーステッチャー キット

用途が同じで品物も似てるけどよく見ると上とは別物です。
これはおそらくクイックステッチャーと呼ばれるものと同一なのかな?
マイヤーズなら2000円程度ですがこちらは倍以上の5000円近くしますんで微妙な感じですが
どう違うのかはよくわかりません(汗)
あんまり使う機会が多いものではないので安いので十分でしょう。


工賃払うならそのお金で工具を買うのが以前からの信条なんだけど・・・
もちろん自分の技量を過大評価しないのが前提です(笑)

これを買ったら、なし崩し的にポートも買うことになって

そうなったらCO検知器も買わなくちゃならなくなり

薪ストーブも2台ぐらい買うハメになるのが目に見える(-_-;)

ラフ&ロード デジタルエアゲージプロ

ダブルディスクのフロントタイヤって空気入れを選ぶんですよね。
(ダブルディスクに限らずスクーター等の小径ホイールもかなり厳しいですが)
R1200GSのフロントも例外ではなく多くのガソリンスタンドに備えられている
車用のエアタンクではまず充填することは出来ません。

今までは最寄りのガソリンスタンドに
狭いタイヤ周りに対応したバイク用?のエアタンクが備えられており
給油時などに調整していたのですが残念なことにそのスタンドは昨年廃業してしまいました(-_-;)

もうしばらく空気圧点検していない気が・・・。
いい加減困ってしまい今更ながらエアゲージを購入。

DPP_f0497.jpg
ラフ&ロード デジタルエアゲージプロ

色々なところで評判を聞き良さそうだったので選んでみました。
3000円しないぐらいですが評判通りデジタル表示で見やすく使い勝手も良いですねぇ。

DPP_f0498.jpg
手のひらサイズなので林道走行など出先で空気圧を調整したい場合なんかでも
気軽に持ち出すことが出来そうです。

購入後早速使ってみると
フロント(たしか)1.5k リア(たしか)1.8k

ヾ(・∀・;)オイオイ 林道走行前の空気圧か?!
いくら冬場とはいえ有り得ない数値に最初、測定器が壊れてるんじゃないかと思うぐらいヤバイ状態?(大汗)
すぐさま補充^^;、エアゲージプロのメモリーに通常空気圧の2.2と2.5を登録しておきました。

今まではGSまで行くあいだに温まってしまったタイヤ状況で測定しているなど不確実でしたが
今後は出かける前のタイヤ冷間時にしっかり測ることができるのでまめに使っていこうと思いますね。
トラックタイヤでも使えるほど高圧対応しているようなのでもちろん自家用車にも使えます。


ラフ&ロード:ROUGH&ROAD/デジタルエアゲージプロ

ラフ&ロード:ROUGH&ROAD/デジタルエアゲージプロ

ここで購入しました。

せっかく出先でも測定できるようになったので今は持ち出しサイズの空気入れを物色しております。
空気入れの使いやすさと本体サイズのバランスはどこにあるんだろう?

モンベル コンプレッションスタッフバッグM in ヒルバーグ アラック 

※以前上げていた内容ですが、見直したら分かりにくい記事になっていたため
圧縮の様子は新しい記事に書きなおすことにしました。

余裕のあるアラックのテント収納袋は撤収時に非常に楽なのですが、
そのままの状態ではどうにも嵩張るため圧縮袋を用意してみました。

DPP_f0258.jpg
モンベル コンプレッションスタッフバッグ M

アラックはポール込の収納サイズが約50×φ20
このままだとパニアにはまったく入りませんが
ポール袋単体だと長辺がパニアに横に収めることのできる約43cmなので
あわよくば幕体もGSのパニアケースに収めるために準備してみました。

メーカーサイトで公表しているスタッフバッグの寸法はS、M、Lいずれも「圧縮前」の袋サイズです。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



ホリデーロード ツーリングテーブルVHS‐AL(アルミ天板バージョン)

キャンプツーリングでのテーブルに関して
今までコストパフォーマンスや使い勝手、バイクへの積載、用途などを総合的に考えると
既製品の中では一緒に持ち込む椅子の高さに合わせた2択のみだと考えておりました。

選択肢の一つは超定番商品である
ジベタリアンからフィールドローチェアー(座面高約20cm)位までの高さにあった
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブル(コンパクト)
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミロールテーブル(コンパクト)

サイドのキャップが無くなったり
スレ傷が目立ったりしますが
無くなろうが傷が付こうが野外で使うものだしまぁいいかと
気軽に割り切ることができる価格帯
圧倒的楽に展開収納できる利便性はこれ随一ですね。
キャプスタだからって敬遠する方もいるかもしれませんが
このあたりは多くの人が使ってる道具なので全くもって無問題です。

もうひとつは座面高30cm↑位の椅子を持ち込む場合
上のローテーブルでは低すぎるため高さのあるテーブルが必要・・・。
となると使用時の高さがありつつ無理なくバイクに積めるとなると

ラフ&ロード:ROUGH&ROAD/アルミコンパクトテーブル

ラフ&ロード:ROUGH&ROAD/アルミコンパクトテーブル

このあたりが無難ですよね。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

一日一回気合い注入お願いします→にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。




マナスルヒーターをパープルストーブ301Aに載せてみた

普段はオートキャンプで武井純正ヒーターを載せて活躍している
パープルストーブ301Aセットですが
ヒーターをマナスルヒーターに換えバイクに無理なく積めるか検証してみることに。

DPP_f0494.jpg

ヒーター付きだと背が高く巨大なイメージのパープルストーブ301ですが
ヒーターを除けば高さ約20cmと大人しめ?サイズです。
なにより通常の灯油ストーブではプレヒート用燃料の持ち込みなど手間がかかりますが
301は速熱器で簡単に済ますことができるのが最大のメリットに思います。

パープルストーブ301A用 定番セットというと
コールマン ソフトランタンケース2
パナレーサー ミニフロアポンプ
武井バーナー 接続金具301
武井バーナー 武井バーナー・五徳

ソフトランタンケース2にすべての道具+軍手ぐらいは仕舞うことができ、
接続金具で市販の空気入れを使えるようにするとポンピングが非常に楽に。
ミニフロアポンプならランタンケースに収納可と完璧です。

普通にパープルストーブ301を使うなら使い易い組み合わせですが
バイクに積むことを考えるとソフトランタンケースは高さが35cm以上あり縦型なので使いにくいですね。
そこで嵩張るパープルストーブ用ヒーターをマナスルに換えてパッキングしてみようというわけで。
とりあえず本当に使える道具なのかマナスルヒーター+パープルの威力を試してみました。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


ブログランキングを見て応援!!

一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!



最新エントリー
ブログキーワード
最近のコメント
Sponsored Link
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
シェルターハーフテント
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
SOTO フィールドホッパー
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
チタン キャンティーン
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
自作テッパン
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー
スノーピーク Myプレート

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
スノーピーク ノクターン
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパックXL
ロゴス ハイパークーラー
サーモス ソフトクーラー
ストライクフォース ファイアースターター
VARGO アルティメットファイヤースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンタ
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー