ソロキャンプツーリング ~焚火酒

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 

2011 MSR hubba hubba ハバハバ 試し張り

スポンサーリンク

2011年モデルのハバハバがようやく届いたので確認を兼ねて早速試し張りをしてきました。

前年まで黄色系の色味だったハバハバですが
2010年にユーロ限定で緑フライが発売されその勢いで?
2011モデルは緑フライになり非常に落ち着いた印象になりましたね。

DPP_g0137.jpg

アウトドア通販大手さんでしたが取り扱い開始直後にポチッたからか
確保に思った以上に時間がかかり約一ヶ月ほど待ってのようやくの入手と相成りました。

発注当初は専用フットプリントに時間がかかるかと思ってましたが実際は両方遅れたようです^^;

うーん、それにしても最近またタガが外れて深ーい沼にズブズブ沈んでいっている気がしますねぇ。。。



試し張り前にハバハバ最大のメリット? 収納サイズの圧縮の模様は前記事にて。

続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。



いつも試し張りに利用している某公園。
蓮の時期になると駐車場が有料になってしまう以外は
そのままキャンプしてししまいたくなるほど利用しやすい場所で便利に使っています。

昨日からその有料期間に入ってしまい昨日来た某幕の確認をどこでするか困ってます^^;


さて話をMSRに戻しましてまずは開梱、
そして組む前に付属品、見た目での幕の損傷の有無などを確認しますね。

DPP_g0121.jpg


不備もないようなんで早速張っていきますよー。




DPP_g0120.jpg

4隅に空いているグロメットがポイントの純正フットプリントを広げます。


DPP_g0122.jpg

1ポールハブのポールを組み、
フットプリントのグロメットに差し込んでポールを自立させていきます。
純正フットプリントを使わない場合はインナーテントの同じ部分にグロメットが付いているので
そこを利用してポールを立てますね。

DPP_g0123.jpg
差し込み中はポールの張力で勝手に動こうとするシートを膝などで抑えながらの作業。
クロスポール式と違い一つ指すごとに右に行ったり左に行ったりしなくて済む分スムーズです。

ここの構造で一番効率が良いのは、やはり片側ショートスリーブのクロスポールでつり下げ式でしょうか。


DPP_g0124.jpg

ポールを自立させた後は、前評判通りインナー又はフライシートどちらからでも取り付けることが可能です。

ただ、この構造を見ると至極当然なんですが、
私はまったく想定してなかったデメリットに気が付きました。
この件については後述します。



DPP_g0125.jpg

雨天設営ではフライシートから張って雨除けをしてからインナーを付けますが
晴天下であればフライシートが邪魔にならない分、
インナーテントから張ったほうが効率が良いですね。

インナーテントは思っていた以上に頭上が高くてこれなら同じ二人用のアラックより快適かも。


DPP_g0126.jpg

張力が係る部分はちゃんと補強入ってます。
フッキングポイントは最低限の数だし力も殆どいらないので煩わしさは全くと言っていいほど無いです。


DPP_g0127.jpg
ツッパリ棒を入れて広げるこの構造も単純だけど
居室スペースを有効に使うための大きな特徴ですな。

その分ポールが少々複雑で長いので、超単純なクロス式と違って
ポールのハンドリングの煩わしさは正直ちょっと感じます。

DPP_g0128.jpg
フライシートも末端にグロメットが付いているので差し込んで留めます。


DPP_g0129.jpg
前室はペグダウンで作ります。



DPP_g0130.jpg



DPP_g0131.jpg




DPP_g0132.jpg

草地と見事に同化しております。
カメラのオートフォーカスも焦点の合わせどころに迷ってました(笑;)



DPP_g0133.jpg
メッシュですがかなり細かい網なので風通しはほぼ皆無?
ここで寝て体験したわけではないのでまだハッキリとは言えませんが
ちょっと入っていた限りではインナー内で、外を吹く風を感じることはありませんでした。

まぁスリーシーズンと言うぐらいですから保温性が違うんだとは思いますが。。。



DPP_g0134.jpg

前室もこのテントに求める状況を考えた場合に於いては
必要十分な広さを持っていると思いますね~。



DPP_g0135.jpg

インナーテントのスペースはこれで納得です。
ソロでもライジャケとメットとか何かとスペース食うのでこれぐらいはどうしても必要なんですよね。

そうそう、小物入れも妥協無く付いてますね。


DPP_g0136.jpg

サイドに怪しい部分は有るんですが
1ポールなのにフライとインナーテントの空間もしっかり空けてあります。
これがくっついてると皆様ご存知のとおり翌朝の結露でめんどくさい事になりますからね。


DPP_g0138.jpg

前述した試し張りで気がついたデメリットとは・・・。

それは設営時に順番に重なってグロメットを通してあるので
テントの内側からは、張った順番じゃないと撤収が出来ない(やってやれないことはないがかなりやりにくい)ことなのでした。

例えば雨でインナーテントから撤収したい場合は、
設営時に多少張りにくくなってもフライシートから張っておく必要があります。

んー厳密に言うとシェルター状に撤収してインナーテントの濡れを防いでも
屋根がなければバイクに積むときに濡れるって言ったらそうなんですけどね^^;

DPP_g0139.jpg
設営時にフライから張ってあればシェルター撤収は非常に容易。

フックをサクサク外して・・・・

DPP_g0140.jpg
下にフットプリントがあるのでほとんど汚さずにインナーテントを仕舞うことが出来ますね。





DPP_g0112.jpg

この仕舞い姿と重量、そして居住性のバランスを考えたら
軽くて小さいだけの幕じゃないし
キャンプツーリングの一つのスタイルの中で答えに近い非常に良い出来のテントじゃないでしょうか。



DPP_g0141.jpg



ギアシェッドは・・・・ 私がハバハバに求める質を考えたらとりあえず不要・・かな。

たぶん・・(汗)


明日はもうひとつの幕のレポを上げたいところですが・・・。


MSR ハバハバ
MSR ハバハバ








MSR ギアシェッド
MSR ギアシェッド







関連記事
スポンサーリンク







一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!


Tag : MSR ハバハバ 
Comment
2011.06.25 Sat 21:09  HIMAchanPAPA #-
緑になった意外に変更点はなさそうですね。
フットプリントとみんな繋がってるので、
トレックライズのようにペグ打ちまくる必要はないですね。
イヤーますます欲しくなっちゃいました。
私は山もやるのでHPかな~(^_^)
友人が今日フープのシェイクダウンを
してるはず。
フープも居住性良さそうです。
MSR増えそうですね(´Д` )
順番が大事と_φ(・_・メモメモ  [URL] [Edit]
インプレ 同感 なり
ところで 愚問 !
直径1.3ミリ長さ13センチ緑パイプの備品 何に使う てか

MSR ハバハバ 増殖中♪
専用フットプリント付き正解 なり  [URL] [Edit]
2011.06.29 Wed 12:33  まっつ #-
HIMAchanPAPAさん
緑になったというのが
個人的には案外大きな良変更であったな、と思います^^

ペグダウンは普通なら4隅、前室×2の6箇所で良さそうですね。
私の場合、めんどくさいときは前室つくるための2箇所だけで行済ましてしまいそうですが(笑)


HPいいですよねぇ。。。
メッシュインナーがこの出来だとハバも・・・こっちはHPで・・。
とか善からん妄想が出てきてしまいそうです^^;
  [URL] [Edit]
2011.06.29 Wed 12:40  まっつ #-
ただぽんさん
総じて良いテントですよね^^

設営撤収だけで考えるとやっぱりヒルの一体インナー式ですが、
仕舞うと小さく広げると大きいってギャップがある
なんだか参天みたいなメリットのコンパクト性能は
それを補って余りあるように思います。

でも正直に言いますと
ハバハバのメッシュはあくまで夏用で
それ以外の時期はやっぱり、そっちになると思います。

>>直径1.3ミリ長さ13センチ緑パイプの備品

私はその部品、確認してないんですが
ポールが折れたときに使うリペアパイプでは?

  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://1200gs.blog90.fc2.com/tb.php/1037-4b97fee3

ブログキーワード
Sponsored Link
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパックXL
ロゴス ハイパークーラー
ストライクフォース ファイアースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンタ
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー