ソロキャンプツーリング ~焚火酒

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 

TOURATECH R1200GS タンクバッグ “COMPANERO EDITION”

スポンサーリンク

※4月11日 画像を2点追加しました。

収容力の高いサイドケースやトップケースと違い
積載面ではあくまで補助的なイメージだったからか
自分の中ではそれほど重要性の高くなかったタンクバッグ。

そんな考え前提だったのでこれまで国内メーカーの適当な汎用品を2種使ってきましたが
GSに乗って足かけ6年、結局専用品に落ち着いてしまいました。。

最初っから純正なりを購入しておけばこんな遠回りはしなくて済んだんですけどね^^;
しかし考えすぎて遠回りしてしまう性格だからこそブログネタもここまで続くのかもしれませんなw


DPP_g0520.jpg


樹脂タンクのGS。
一つ目に使ったタンクバッグは・・・

と過去記事を見なおしたら今まで3種使っていたことが判明^^;

忘れていたことを含め自分に呆れました・・・( ;´Д`)




続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。




気を取り直して・・・。

1つ目はタンクバッグといえばツーリングマップルが見やすく入れられるものと言うことで
あまり考えずにマグネットレスタイプで非防水の普通の薄型のバッグ。

2つ目はそのシリーズの一回り大きなものを見つけて載せ替え。

3つ目はナビをzumoに換えたことで、タンクバッグも防水性が気になり吸盤タイプで防水のタンクバッグ


正直これまでの間ずっと容量がでかくてしかも防水性のある純正には憧れがありつつも
高価なのでタンクバッグにそこまでは・・・ というのがこれまでの遠回りの理由。

しかし5年間以上かけてGSでのキャンプツーリング最適化を進めてきましたので
容量、使い勝手(地図収容、給油時の手間、料金所対策などなど)、防水性。
純正のタンクバッグに行き着くのは避けて通れない道だったようです・・・。

本気で純正タンクバッグの購入を考え出していた頃、
見つけてしまったのがツラーテックのこのタンクバッグでした。

DPP_g0521.jpg

しかし黄色が入ってなかったら純正だったろうな~。
(他にグレー、青もありますよ!)

それにしてもさすが専用品。
バッグの底にタンクの形をしたパッドが入っているのですっきり収まります。

DPP_g0522.jpg

タンクバッグはいいんですけど
先日移設したばっかりのzumo660が際どい位置になってしまった。
その移設もタンクバッグを換える事を見越しての物だったのだけど
見通しが甘かったようだ。。。。(汗)


DPP_g0523.jpg


DPP_g0524.jpg

ノーマル状態でも16Lの容量は伊達じゃなく
合羽、ツーマプ、折りたたみ傘などは余裕で飲み込みます。

DPP_g0525.jpg

小物入れ系も充実していますね。

DPP_g0526.jpg

見た目がかなりアレな感じになるので、あくまで緊急用と考えていますが
ジッパーを開けば1.5倍くらいの新たな収納スペースができますな。

DPP_g0527.jpg

グローブを掛けることの出来るコード。
左右のポケットはグローブをしたままでも扱いやすいので
この中に通行券とお札を入れておき、お釣りは大きく開いたポケットに投げ込む。
非ETCの料金所の通過もだいぶ楽になりますな!





給油時などの着脱は・・・。

DPP_g0529.jpg

手前(シート)側のベルクロを外し・・・。


DPP_g0528.jpg

ハンドル側はこんなフック形状なので、そのままハンドル側に逆さに倒しこめば良い筈なんですが

前述のナビステーがおもいっきり干渉w


DPP_g0530.jpg

ナビステーをどうにかしない間は一度外しての給油ですね。
といってもフックとリングで引っ掛けるだけですからそれほど手間ではないんですが。。


ちなみにハンドル側とシート側、それぞれのマウントベースは
タンクにベルクロテープを貼って留めるようになっています。


DPP_g0531.jpg

マップケースも大柄なので今後はツーリングマップルのサイズにこだわる必要はありません。
これはツーマプRが最適?!


うーん、しかしこのままだとナビの設置角度も余裕が無いし
ナビは再び移設しなくちゃならんだろうなぁ・・・。




4月11日追記

DPP_g0644.jpg

ツーリングマップルRを付属のマップケースに納めてみました。


IMAG01291122.jpg

ナビ移設後の給油はこんな感じに。
シート側のベルクロを外してバッグをハンドル側に起こしシールドに立てかけます。
やはり車種専用品は使い勝手が良いですな~^^
関連記事
スポンサーリンク







一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!


Comment
2012.01.28 Sat 18:22  アラカン #-
ナビの移設はしょうがないけど、その車種専用の物って良いですよね。

特にBMのタンク形状、曲線デザインなもので、汎用品だとスッキリ収まってくれません。

泣く泣く高い純正品を導入しました。汎用品なら4~5個買えそうな値段でした。

手袋をかけれるコードは便利そうで、自分のにも欲しいです。
  [URL] [Edit]
2012.01.29 Sun 20:41  まっつ #-
アラカンさん

タンクバッグの載せ換え、実はアラカンさんの影響もw

汎用のバッグだと車載状態でタンクの傾斜に沿り
斜めに載ってしまいますが
専用品だとまっすぐ載るんですよねー。

このあたり、アラカンさんの記事に出てくるst君の姿を見てやっぱり良いなぁと。

斜めに出っ張られると腹に干渉するんです(;´Д`)
  [URL] [Edit]
http://bit.ly/I1Y68j
07MyのAdvに上のリンクのライザーを付けているので
純正タンクバックがブレースバーに干渉して、ステアリングダンパー状態になって難儀しています。
ブレースバーを外せば問題解決なんでしょうけど、
このタンクバックだとそのままでも行けそうですね。
  [URL] [Edit]
2012.04.11 Wed 21:57  まっつ #-
Marloweさん
フロント側に多少余裕がありますが
ハンドルの切れ角によっては干渉する可能性もありそうです。

ブレースバーはもっていないのでかわりになるパイプ状の物で一度試してみます(^^)
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://1200gs.blog90.fc2.com/tb.php/1228-ee548e72

ブログキーワード
Sponsored Link
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパックXL
ロゴス ハイパークーラー
ストライクフォース ファイアースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンタ
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー