ソロキャンプツーリング ~焚火酒

多忙な日々の中だからこそ出かけたくなる 満天の星空 焚火 野外飯 のんびり過ごすたった一晩の贅沢 

サインハウス LEDRIBBON H4

スポンサーリンク

さて定番のヘッドライトバルブ交換です。

明るさも重視したいですが、発電、消費容量に余裕をもたせるため
当初はGSで実績のあるモトガレージあたりのHID化を目論んでいましたが、
NCでHID化するとリフレクター焼けが発生するという情報があり
それならいっその事、最近のLEDヘッドライトどうなのよ?という事で試してみることに。

格安の中華LEDだと配光がバラバラだったりHIが使い物にならないなど
ネガティブな情報が多かったため多少費用がかかっても信頼性の高いものでチョイスします。


ソーラムHIDからLED RIBBONへと大胆に舵切りしたサインハウス。

そしてプロテックのLEDヘッドライトも信頼性が高いようですね。

最初はプロテックのプロテック製品の適合調査協力車両募集中!


これに応募してみようかと思っていたんですが・・・^^;

ファン式冷却装置の耐久性が気になったタイミングで
LED RIBBONの出物を見つけたため サインハウスで即決した次第です!!


IMG_20160608_164456.jpg

HID化するより低コストとはいえ決して安くはありません。
効果の程がいまから気になりますね~~。!!

IMG_20160608_164437.jpg

LED RIBBONはバルブ後部のリボン型の放熱システムが最大の特徴です。
シンプルな構成は逆に言えば故障する部分が少ない=信頼性が高いということでも有り。


そうそう、今回も工賃払うなら工具を買うっていうモットーを達成できそうなので
Google先生などに教えてもらいながら自分で装着します。

あらかたの先人様達はフロント周りのカウルを外して作業されていますが
実車を見た感じカウル外さなくても行けそうだなぁと。
ただリボンの固定だけは狭所でドライバーが回らないので
今回新たに購入する工具はこの子に決定♪
SHINKI/新亀製作所 【SUNFLAG】ドライバーレンチ 770

IMG_20160619_095754.jpg

ようは10ミリのラチェットレンチにつけるビットアダプターですね^^

IMG_20160619_095819.jpg

アダプター自体を手で持っても使うことが出来る。
指先の感覚のみでちっこいネジの頭を探す必要があったため
この機能が、狭くて手を突っ込んだら手元が見えなくなるライト周りでとても役に立ちました!

IMG_20160619_095832.jpg

この赤いソケットに入ったビットセットは以前購入したラチェットレンチの付属品。
レンチが壊れてから工具箱の肥やしになっていましたが、
このドライバー・レンチのビットとしても使えるのでもってて良かったですなぁ~。


続きは↓の続きを読むからどうぞ

続きの前に・・・ポチポチっとにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ ランキングへのご協力お願いしま~す。


それでは早速交換していきます!!!
その前に前方に壁がある場所でバイクの停車位置を記録して、
光軸の高さを覚えておきます!


IMG_20160608_171217.jpg
まずノーマルヘッドライトバルブを外します。

ハンドルを右に切ればなんとか手が入るスペースを確保できました。
画像は上から見下ろしていますが実際の作業の殆どは下側(タイヤ側)から手を入れて作業しています。

バルブカプラー、ゴムのバルブカバーは進行方向後ろに向けて引っ込ぬくだけで外すことが出来ます。

バルブを止めている針金は進行方向側に押しずらすことでロックが外れます。
見えない部分だったのでH4バルブの構造はユーチューブ動画で予習しておきました。


針金の挙動は1:20秒辺りで確認。
車の動画ですがライトカプラー周りの構造はバイクも共通です。



IMG_20160608_171201.jpg
※画像はカバーを加工する必要があるか確認するため、バルブに仮に装着してる状態です
実際は取付方向が逆になります。


LED RIBBON H4をノーマルバルブカバーに差し込む。
純正バルブより少し径が太くなりますが、カバー自体に加工は必要ありませんでした。


IMG_20160608_171206.jpg
放熱グリスを塗って準備完了。

バルブからの配線が上に向きます。
これは重量で垂れ下がってくるため差し込み後の取り回しが厄介です。

IMG_20160610_144244.jpg
カバーをつけたバルブを差し込んで
針金を元の位置で固定。

LEDコントローラーは右シュラウドカバーの中が空きスペースになっているので
そこに設置。

そして紹介した工具で手さぐりしながらリボンを固定。
画像だとサクサクしてますが
背景少し夕暮れががってますでしょ^^;
実はかなり時間かかりました(汗)

おとなしくカウル外したほうが早かったかもしれませんw



IMG_20160610_144000.jpg
こんな感じで。。。

光軸若干上に向いてるようなのでライト周り右下にある光軸調整ネジ約一回転半回して光軸を下げました。


IMG_20160610_144147.jpg
リボン固定以外で何気に苦心したのがバルブカプラーの固定位置。

よくわからない画像だけど、ヘッドライト周りを下(タイヤ側)から覗き込んだ所。
画像中央ネック部分に白いタイラップで固定しました。

(ハーレー乗ってた時はこの部分、フレームのフロントネックって呼んでたけどネックで通用するのかな??)

ここ以外だとサスペンションが干渉して取り付けの自由度が非常に狭いのであります。


点灯画像

IMG_20160619_015127.jpg
ちょっと明るい場所 ヘッドライト オフ

IMG_20160619_015137.jpg
ちょっと明るい場所 ヘッドライト オン



IMG_20160619_015508.jpg
真っ暗 ヘッドライト オフ


IMG_20160619_015458.jpg
真っ暗 ヘッドライト オン


HID点灯は光の塊がバイクの前に現れるといった感想になったけど
LEDではさすがにまだそこまでは達していないですね。

ただハロゲンと比較すると数倍は明るくなり視野もかなり広がります。
LEDで省電化したら次は・・・・
LEDフォグっすかね~!


SYGN HOUSEサインハウス/LED RIBBON ヘッドライトバルブ H4型

SYGN HOUSEサインハウス/LED RIBBON ヘッドライトバルブ H4型 H4型バルブ



関連記事
スポンサーリンク







一日一回ポチっと応援→ にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ  お願いしま~す!


Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://1200gs.blog90.fc2.com/tb.php/1418-040de876

ブログキーワード
Sponsored Link
ブログメニュー
ピックアップアイテム

GSI スパイスロケット
このサイズで6種類の調味料が持ち運べます
買い出し毎に毎回調味料購入していましたが持参するようになり
買い出し費用がグンと減りましたね~。


消耗品として一泊につき一個ずつ使っています
スポンジ+洗剤を持つより圧倒的にコンパクト!
さらに低コスト!
マグ、クッカーを洗い最後にススまみれの焚火缶
騙されたと思って直火調理したクッカーに一回使ってみてください。
きっと驚きますよ(笑)


燃焼時間、携帯性、完璧です!
そして自宅保管中湿気にも強いから
ライターの火をちょっと当ててやるだけで安定して燃え続けます。
これが一粒あれば焚き火の火おこしは楽々ですよ!
プロフィール

Author:まっつ
目標年十数泊のキャンプツーリングを
励みに日々を送る庶民ライダー!
コメントは過去の記事でもお気軽にどうぞ^^

※検索サイトからアクセスされた方へ※
目的の記事は『記事のカテゴリー』や
『カスタム検索』で簡単に探せます。
ブログ内検索

カスタム検索
キャンプ用品インプレッション
☆テント・タープ天幕系☆
マウンテンハードウェアkiva
メガホーンⅡ
Titanium goat Vertex8
Luxe シルヘックスピークF6e
トレックライズ2
MSR ハバハバ
ヒルバーグ アラック
ヒルバーグ ナロ3
テンマク ムササビウィング焚き火タープ
ヒルバーグ タープ10
KERMA ヘプタタープ
ブレッドシュナイダーモスキートネット
快速旅団 煙突ポート
マーモット メッシュビビィ
アライ コンパクトタープポール200
モンベル ミニタープポール165
ポンタ用タープポール
スノーピーク ペグハンマーPRO
ソリッドステーク
スノーピーク ペグハンマーケース
スノーピーク ジュラピンペグ
コンプレッションスタッフバッグ
オールウェザーブランケット
タイベック
ステイシー用マルチシート
mont-bell コンプレッションバッグ

☆シュラフ・マット・コット 寝具系☆
モンベル ULSSダウンハガー♯3
ナンガ ナノバック300DX
モンベル SSダウンハガー♯1
モンベル ウォームアップシーツ
インシュレイテッド エアコア
Exped SynMat Basic 7.5
Exped Pillow Pump
サーマレスト Zライト
ウルトラライトコット
ボイジャーコット

☆ツーリングファニチャー☆
スタッキングLowテーブル
コールマン スリムフタツオリテーブル
小川アルミコンパクトテーブル
アルミロールテーブル(コンパクト)
ツーリングテーブルVHS-AL
笑’s 焚き火調理台
ヘリノックス ビーチチェア
CC コンパクトチェア
クレイジークリーク ヘクサライトチェア
フィールドローチェアー
カーミットチェア
あぐらイス
コットンダック
ラリーチェアー
イスカ コンフィシート
ALITE モナークチェア
ALITE マンティスチェア
ヘリノックスチェア one

☆火器☆
MSR ドラゴンフライ
コールマン fyrestorm ti
コールマン 550B
SOTO SOD-310
SOTO SOD-300
SOTO ST-310
SOTO ST-301
プリムス ウルトラスパイダーストーブ
MSR ウィンドプロ
ユニフレーム US-トレイル
パープルストーブ 301A
マナスルヒーター
トランギア ガスバーナー
トランギア アルコールバーナー
トランギア トライアングル
チタンゴトク シェラスパイダー
トランギア トライアングルグリッド
コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント
ウィンドドスクリーンフォイル
プリムス バーナーシート
スノーピーク ギガパワーガスプロイソ

☆調理器具☆
ツアラープラス
スクエアコッヘル3
イスカ メッシュクッカーバッグ
MSR アルパイン ストアウェイポット
焚火缶
トランギア ストームクッカー
トランギア メスティン
トランギア アルミハンドル
エスビット グリッパー
ステンレスダッチオーブン
SOTOダッチオーブン収納ケース
COCOPAN フライパン
COCOPAN 鉄鍋
焚き火フライパン
ダイソー 焼肉プレート
スノーピーク ケトルNo.1
トランギア ケトル
テンマク ロールケース
フォールディングトースター
スノーピーク チタンシングルマグ
スノーピーク チタンシェラカップ
ベルモント チタンシェラカップ深型
ベルモント チタンシェラカップ250ml
ホットサンドメーカー バウルー シングル
ホットサンドメーカー バウルーダブル
スノーピーク トラメジーノ
スノーピーク ワッパー武器
スノーピーク スクー

☆灯り☆
ジェントス EX-757MS
ジェントス EX-777XP
ジェントス EX-747SR
ジェントス EX-547SR
G'z(SOTO) STG-28 スプレッド
ペツル ティカXP
ジェントス デルタピークDPX-143H

☆焚き火 ウッドストーブ系☆
ユニフレーム ファイアスタンドⅡ
DUGトライポッド
Car baby ミニバーベキューコンロ
ユニフレーム ファイアグリル
尾上 フォールディングBBQコンロ
コンパクトストーブ VHS-HB
ナチュラルバーナー
B-6君
ちび火君
FIREBOX
ユニフレーム 薪グリル
笑's 薪ストーブ 焚き火の箱
Titanium goat 22"Cylinder Stove
スティックターボ
SOTO スライドガストーチ
ユニフレーム つるばみ鉈
100均 エアーポンプ
ロゴス ファイアーライター

☆その他☆
オルトリーブ ラックパックXL
ロゴス ハイパークーラー
ストライクフォース ファイアースターター
カセットガス詰め替え君 TKアダプタ
eneloop モバイルブースター
一押し滞在型・移動型キャンプ道具

WILD-1のPB、クオルツのスタッキングLowテーブル
以前笑'sの焚き火調理台を使っていた時、下の棚の便利さを実感していましたが、あれから数年。ようやく既製品で棚付き、広めでかつ金属製の天板、軽量コンパクト、チェア時でもジベタリアンでも使える絶妙な高さ、キッチンペーパーホルダー付き?!、このあたりの条件を兼ね備えるテーブルが出てきましたよっと!
無くなる前に押さえるしか無いでしょう!

座り心地重視のチェアにおいて重量、パッキングサイズ、快適性、使い勝手、すべてをバランス良く兼ね備えていると思います。ちょっと値段は張りますが滞在型なら間違いなくおすすめのチェアです


キャンプ料理にこだわるならこのクッカー。熱効率のよいアルミ製、飯炊きにも勿論良いけど鍋するのに丁度良い容量です。


手持ち無沙汰になりがちなソロキャンプですが味と手間と贅沢なイベントを提供してくれる道具です。仲間や家族とのキャンプでも料理が出来上がってこれのフタを開ける瞬間、皆から感心を頂けること請け合いですわ(笑) 他にも煮込み料理を仕込んで焚き火にかけておけばいつでも温かい料理をつまめますね。まったり滞在キャンプには最適な道具ではないでしょうか。

アクセスカウンタ
管理人誌面デビュー(恥)
Pagetop  プライバシーポリシー